February 20, 2006

torino2006 part2

 トリノ冬季オリンピックはいまだ開催中。
日本代表選手にいまだメダル獲得なし。残念がる人は多いだろうけど
こればかりは結果の問題だから、大騒ぎしなくてもいいと思う。

男子スピードスケート500mでは加藤が失敗して、伏兵及川が4位と大健闘
したけど、コーチもいない環境でのこの結果。えらい。しかも所属は「びっくり
ドンキー」だなんて、これもえらい。びっくりドンキーはもともと盛岡のハンバ
ーグ屋さんだったから親しみがわきますな、及川選手。「佑」で「ゆうや」って
読むの?名前。
伏兵といえば思い出すのがサラエボ大会の銀メダリスト、北沢。このときは
とにかく黒岩が絶対金メダル!と盛り上がってたのに結果は10位。誰も期待
してなかった北沢欣浩が銀メダル獲得して驚いたことったら。
彼の写真は受験のお守りとして人気が急浮上したとも言われる。
04_01
北沢選手の雄姿




他にこのサラエボ大会で思い出すのは女子フィギュアのカトリナ・ビットと
なんと言ってもアイスダンスのトービル・ディーン組の演技。
この人たちリレハンメル大会で代表復帰して、ビットはメダルにからま
なかったけど、トービル&ディーンは銅メダル獲得。エキシビションで
サラエボ大会での伝説的演技、「ボレロ」を演ってくれたのでそりゃもう
大騒ぎ。アイスダンスではいまだこのサラエボでの「ボレロ」を超えるもの
はたぶんないだろう、と思う。このときの演技でアーティスティックインプ
レッションが6.0フルゲージというのはいまだ伝説。
ユーゴ内戦で競技場は墓地になってしまったのが、世の無常を感じさせる
ところです。
この内戦を扱った映画「パーフェクト・サークル」は名作。

一日の実施競技数が少ないのか、いまだ日程は進行中。これといって
面白いネタがいまひとつ足りないのだけれど、いまんとこ個人的に
ウケたのは女子スノボクロスの決勝。ダントツのトップだったアメリカの
リンゼイ・ジャコベリスが途中でエアの技なぞ余裕ぶちかましてやってたら
ゴール直前に転倒してしまい、2位だったスイスのターニャ・フリーデンに
抜かれ結局2位になった。こういうのがないとつまんないよなぁ。
20060217_707_450
「AP通信によると、当初は観客へのアピール
であることを否定したジャコベリスだったが、
やがて、勝利を目前にして平静さを失った
かもしれないと認めた。「私の興奮を観客と
分かち合いたかった。失敗した。まあ、そんなこともある」 」

こういう選手は大好きです。
同じくアメリカのアイスダンス代表、タニス・ベルビン。(当然写真左)
21

こりゃまたべっぴんさん。公式サイトもあり。
身長も162cmくらいだそうなので、親しみもてます。
日本にも来たことあるらしい。
アイスダンスオリジナルのスタートリストを見ると、
最終滑走の24番目。
見たいけど…見られないなこりゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2006

オリンピック torino2006

 トリノオリンピックが始まり、夜は結局テレビで中継を見てるもんだから
映画はさっぱり見ていない。やっぱアルペン競技は面白い。滑降なんか
特に面白いと思う。
もともとオリンピックは好きなもんで、出来る限りリアルタイムで見るように
してはいるけれどもヨーロッパでの開催はリアルタイムで見るのはきつい
。 今回は開会式が日本時間の午前4時開始。競技になると時間は
早まるけれどもマイナス8時間の時差。つらいわこりゃ。なもんだから
子供のころはさっぱり見られなくて、あとからニュースで見たくらいだった
から、こんなすごいお祭りだってのに自分にシンクロしていないのが
くやしかったけど、大人になるとやっぱリアルタイムで見られるので
楽しい。
 今大会では「日本のメダル候補がいっぱい!」なんて騒がれた
スノーボードハーフパイプだけど、アメリカ勢との差にあぜん。成田
童夢と今井メロの兄妹はまったく同じに自滅してて、あきれてしまった。
原田雅彦の失格もはらひれはれほれ。

アメリカ勢、男子のショーン・ホワイトのすごさにはあきれた。
女子のほうはまだアメリカ勢に食い込もうとする欧州勢のせめぎあいが
見られて盛り上がった。でも、ハンナ・テッターなんかもう1回目の
ポイントで1位を決めていても2回目に手を抜かずさらに点数を上げて
くるんだから、脱帽。これは2位のグレッチェン・ブレイラーも同様で2回目
は技のすごさが段違い。なにもかもいっぱいいっぱいで、いきなり高難度の
技に挑みあっさり失敗して自滅する日本代表との、この差はなんなんだ。
とにかく失敗には厳しい採点システムなのもつらいけど、 もう経験値の
パラメーターがアメリカは桁が違うのだと納得。
 ダウンヒルはやっぱ好きな競技なので、今回も面白かった。
ラッセ・チュースとかオーモットとか、ヘルマン・マイヤーなんて古株の選手
がいっぱいいてうれしかったし、30番スタートのドゥヌリアが優勝ってのも
一人で勝手に盛り上がりました。
クロスカントリー女子スプリント(こんな競技知らんかった)の日本代表、
夏見円と福田修子が初の入賞。夏見円、個人的に応援してたので素直に
喜びました。福田修子もオーケーだ。やっぱ、競技の人気を上げるには
見やすい選手が一番です。
KFullNormal20060215067_l

ま、メダルメダルとマスコミが騒いでるもんだから
どうしたって期待はずれになるのは仕方ない。
素直に勝負を見て楽しみましょうよ。
変に日本選手ばっかりクローズアップしないでもっと競技を見せてくれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)