« ひさしぶりに来てみた | Main | 内容はともかく »

May 12, 2011

ふた月ぶり

あの地震からふた月が過ぎました。
で、直前のエントリ見てみたら地震の1時間前だったのですな。
あのすぐ後にこんな大災害が発生するとは、まったく思わなんだな。

あの日のことを思い出してみると、

3月11日
特にあの日は用がなかったので、ムスメと一緒に家にいた。
このブログのエントリをむりやり更新したりしていたわけですが、例の午後2時46分
携帯電話の緊急地震速報が鳴った。

あぁ、またか
そう思いつつ携帯電話を手にとって、内容を見てみた。
いつも当たったためしないしなぁ、なんてやれやれと思った矢先にぐらぐらと地震。
大きいな、と思いムスメにテーブルの下に入るよう指示したけど、この揺れがいつまで経っても終わらない。
でかい揺れがとにかく長く長く続いた。金魚のいる水槽が大きく波打って床が濡れてしまい、テレビが消えた。
あぁ、また停電だ、とがっかりしながらも揺れがおさまらないので水槽を中腰で持ち、水がこぼれないように支えていた。
自宅は高層住宅なんで、停電になるとエレベーターも止まるし水道も止まる。とにかく不便なのである。
ようやく揺れがおさまってきたところで階段を使って5階から地上に降りてみた。
近所の子どもたちとお母さん方が階下の入り口前に集まっていたけど、今度は余震が収まらない。
大きな余震が来るたびにみんなで声を上げて一箇所に固まっていた。
停電でテレビも見られないので情報が得られない、というわけで自分の車を少し動かしてナビのテレビを点けてみたら、釜石や小名浜の港に津波が押し寄せてくる様子が映し出されていた。

そんなばかな?
というのが、最初に実感したこと。
こんなひどい津波がくるなんて、本当なのか?と正直に思った。
この日はすこし寒かったけど、さらに寒くなって雪が降ってきた。
少しづつ余震の間隔も長くなってきたので、ムスメを置いて車を出して街中を見に出てみた。
停電して信号機も使えないので、交差点ではどこも渋滞。それでも盛岡駅の前まで行ってみたら駅前の広場に毛布にくるまった人たちがたくさん集められていた。でも、この雪でどうするのかなと考えつつ帰宅してみたらムスメは母親に連れられて彼女の職場に行っていて、連れ帰りに迎えに行ったらヨメさんに怒られてしまった。
でもムスメと2人の帰り道、「とうちゃん帰ってくるまで待ってればよかったのにね」ということで意見は一致した。
その後は学校に行っていたムスコとヨメさんの帰りを待ち、まず第一の問題である当日の夕食をクリアすることに。
水が出ないということは食器を洗うことができないわけで、とりあえずガスは使えるからカップラーメンを食べるのがベストだったのだが、あいにく自宅にストックがなかった。
なのでどこか営業している店を探し出して買ってこなくてはならなかったのです。
信号も街灯も消えた夜の街中をひたすら歩いたけど、案の定コンビニはどこも閉店。
思い当たって、岩手県庁の売店に行ってみたら大正解でここは自家発電で電気もあるししっかり営業中。
ここで久しぶりにテレビを見たら、宮古と大船渡の町が津波で原型をとどめていない様子が映っていた。
やはり信じがたい。

その後、停電でも営業中のコンビニを見つけそこでおにぎりなど入手し帰宅。
どこもかしこも真っ暗だった。街中で本当に真っ暗な場所を通ることになるとは思いませんでした。
なぜかNHKラジオは聞きづらく、仕方ないのでIBCのラジオを聴いて情報収集することにした。
すぐ近所の実家にも顔を出してラジオを持っていった。
灯りはローソクで対応することにして、トイレを使うときは懐中電灯を持って入る。そうしないと手元が見えない。
流すときは汲み置きした水を使うことにした。
とにかく外は静か。5階の自宅前から街を眺めると、ほんとうに真っ暗。
そして驚いたのが満天の星。いつも、こんなに星が見えていたとは知らなかった。
夜中も余震が何度もやってくるので、なかなか寝付けなかった。
夜の10時過ぎに一部だけ信号が復旧。はやく電気こないかな、と思いつつ就寝。

12日の朝は、とにかく静かに明けた。うす曇程度の空模様。
何を食べたかは覚えてないけど、カップラではなかったはず。
まだ停電から復旧しないので、携帯電話のバッテリーがだいぶ不安になる。
あとは食料品と水。まず水は下からバケツで汲んで風呂に貯めておいたけど、何度も階段で1階と自宅とを往復したのでとにかくくたびれた。
自宅のすぐ近所のスーパーは営業するというので、行ってみるとすごい行列。
それでもとにかく並んで買い物した。カップラーメンはあっさり売り切れ。
買い物のあと、炊き出しがあるというウワサを聞いて確認のためムスメの小学校に顔を出してみた。
何人かの避難者が校内に留まっていて、先生方もその対応のため交代で学校に出勤しているとのこと。
炊き出しのおにぎりは、昨日は出したけど今日はないという。
発電機が稼動していたので、頼み込んでヨメさんのケータイを充電してもらった。
ここでラジオを聴いていたら、市内中心部で停電が復旧しはじめたとの情報を聞いた。
家に戻って、さて今日はこれからどうしよう、と考えつつも特に何もできることがないのでぼーっとしていたら4時ごろに電気が復旧した。
これで水も使えるし灯りも点けられる!ってんで本当にこのときは嬉しかった。
そして、テレビに映し出される沿岸部の光景はとにかく言葉が出ないものばかりだった。

|

« ひさしぶりに来てみた | Main | 内容はともかく »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55867/51650049

Listed below are links to weblogs that reference ふた月ぶり:

« ひさしぶりに来てみた | Main | 内容はともかく »