« イテテテテ… | Main | いつのまにやら一月経ってました »

October 27, 2008

ザナドゥ

Xanandu8オリビア・ニュートン・ジョンはその昔、とてもきれいなお姉さんの歌手であった。
それゆえ、彼女の主演する映画が何本か作られたのだけどヒットしたのは
結果的にはトラボルタとともに主演した「グリース」だけ、かな?
でも、「グリース」見たけどこのとき彼女はもうほとんど30歳。
高校生の役はつらいと思ったが…。

本作「ザナドゥ」はその「グリース」の大ヒットをうけて作られたミュージカル大作。
典型的な二匹目のドジョウねらい。

無性に歌ものの映画が見たくなって、買い置きしてたの思い出し今回鑑賞。
公開当時はなんでか見に行きたくて仕方なかったのに結局見に行くことはかなわず、だからDVDが出ていたのを知って速攻でゲットして…まる1年半経過していました。

で、見てみたのだけど

80’sの少年にとってはつまんないわけじゃないんですが…。Xanandu1
ザナドゥ XANADU 1980年
監督 ロバート・グリーンウォルド
製作 ローレンス・ゴードン、ジョエル・シルヴァー他
音楽 バリー・デ・ヴォーソン、ジェフ・リン(ELO)、ジョン・ファーラー
振付 ケニー・オルテガ、ジェリー・トレント
出演 オリビア・ニュートン・ジョン、ジーン・ケリー、マイケル・ベックほか

Xanandu4シンプソン(ジェームス・スローヤン)のレコード会社の看板描きをしていたソニー・マローン(マイケル・ベック)は独立したのはいいけど結局食えず、また看板描きに戻ってきた。そんな彼がローラースケートに乗った美しい女、キラ(オリビア・ニュートン・ジョン)に通りすがりにキスされる。ソニーがきょとんとしているうちに彼女はどこかに行ってしまった。Xanandu5
彼女を忘れられないソニーに与えられた仕事はLPのジャケットを看板にすること。そのLPのジャケットにはなんと、あの彼女がいるでないか。撮影したカメラマンに彼女のことを尋ねたが、彼曰く
「撮った覚えないんだが、出来上がったら彼女が映っていたんだ」
彼女を探しに外に出たソニーは海辺でクラリネットを吹くダニー・マグワイヤ(ジーン・ケリー)と出会い、親しくなる。二人で雑談しながら歩いていたら、キラと出くわしてしまう。ローラースケートの彼女をソニーはバイクで追っかけたけど海に転落、またしても彼女に逃げられる。
これまでの顛末をダニーに語るソニー、でもダニーはそれを笑わないで真面目に聞いてあげる
Xanandu11
描いた看板を設置しに出たソニーは偶然ダニーと出くわす。
ダニーの自宅に招かれたソニーは彼の邸宅に驚愕。ダニーは元グレン・ミラー楽団のクラリネット奏者だったのだと知る。
ダニーは楽団専属の歌手と別れたことをきっかけにプレイヤーから引退し、稼業の建設業を継いで成功を収めたのだとのこと。それでも、「1日に30回しか音楽の世界に戻ろうとは思わないんだ」なんて笑わせる。またバンドの活躍するクラブを経営したいという夢を語るが、彼の持っていたレコードのジャケットにあった専属歌手の写真を見たソニーはびっくり。その顔はキラそっくりだった。ダニーも同じ女性に恋していたのか?
ダニーは新しいクラブを開くための場所探しをソニーに頼む。「君はパートナーだ」Xanandu14
この後ソニーと別れてのち、ダニーの回想で出てくるオリビア・ニュートン・ジョンとジーン・ケリーのタップはやっぱり見もの。この当時、ジーン・ケリーは68歳!すごい体切れるのに驚いた。

夜、アトリエで作業していたソニーの元にキラが現れる。彼はスタジオにキラを連れ出し、ミュージカルにありがちな2人だけの歌の世界が展開するのだがシンプソンに見つかり逃げ出した先はパンパシフィック・オーディトリアム。ソニーが描いているジャケットの背景の建物だったが、ここでまたキラはどこかに消える。
彼女に会いたさに、翌日この建物に行ってみたソニーはキラと再会。Xanandu19
ダニーの夢をかなえる場所としてこのオーディトリアムを薦められたソニーは、早速ダニーをここへ連れてくる。キラを見て驚くダニーは想像力全開、この建物をクラブとして使うことを決意。どんな名前をつけるか?
キラが示した名前は、「ザナドゥ
アトリエを辞めてダニーのパートナーのしての仕事に専念することになったソニー。キラとの関係も何とか進展させたいので彼女のことをあれこれ聞きだそうとするのだが、彼女はのらりくらりとかわすばかり。
実際はお互いに好きなんだけど、実は越えるに越えられない問題があったのです。

悩んだキラは自身のことを語る。
Xanandu21自分の役目はザナドゥを創ること。そして、自分は人間ではなくヘリコンから来たゼウスの娘、9人のミューズの一人なのだと。簡単に信じられないソニーだが、キラの示す事実で信じざるを得なくなる。キラもしてはいけない恋をしてしまったのね。
永遠に愛してる、と告げて彼女はソニーの前から消えてしまった。

その翌日はザナドゥのオープニング。しかし、ソニーにとってはキラのいないザナドゥは無意味にしか思えない。そんなソニーを励ますダニー
「夢は死んでいない。彼女がいないなら探し出せ。信じろ、君しだいだ」
町に出たソニーは、壁に描かれたミューズの絵を見つける。そして、この絵の向こう側に入り込むのに成功する。
Xanandu23この中でソニーはキラに再会。一緒には人間の世界に戻れないと言うキラだが、ソニーはゼウスを呼び出し直談判するんだな。でもゼウスはさっぱりつれない返答ばかり。そこに母親のムネモシネが加わりゼウスを諌めるけど、ゼウスは言を変えない。
キラが一日でもいいから、と懇願しても許されずソニーは強制送還。
そのあと、ムネモシネに「一瞬くらいいいじゃない」と言われたゼウス、一瞬で済むのか?と悩む。

Xanandu26
とうとうザナドゥのオープンがやってきた。
こっからはオリビア・ニュートン・ジョンのワンマンショーで、ELOサウンドハジケまくり。あの「ザナドゥ」から始まりきらびやかなオンステージが豪華なセットで繰り広げられます。で、歌うだけ歌ったキラは天空に帰っていってしまうのだった。
落ち込んだソニーに、いたずらっぽくダニーが飲み物を頼む。持ってきたスタッフはキラにそっくり。
ソニーは彼女を呼び止める「君と話がしたい」


Xanandu4_2本作は1980年の第一回ラジー賞でワースト作品賞、主演男優賞、主演女優賞、監督賞、脚本賞、主題歌賞にノミネートされロバート・グリーンウォルドが監督賞を受賞していて、ひとことで「Xana-Don't」などと語られる評価の低い作品。おまけに、2004年にはラジー賞の25周年で25年のワーストミュージカル賞にもノミネート。自分も見るまではそう思わなかったけどねー。
ちなみにこの年のラジー賞作品賞は「ミュージック・ミュージック」という作品で、ヴィレッジ・ピープルの主演作のミュージカルだったけどこれ、ワタシ映画館で見てます(^_^;)このときのノミネート作品、おれ結構見てるのですな…「ジャズ・シンガー」とか「レイズ・ザ・タイタニック」も見てた(^^ゞ

映画自体の元ネタは1947年のリタ・ヘイワース主演作「地上に降りた女神」だそうな。リタ・ヘイワースいいなぁ。それなのにとにかく、脚本がねぇ。
Xanandu20
基本的なことですが、きちんとした物語があってその流れに歌や科白が乗っかってるんなら何も変にならないのに、脈絡があやしいプロセスばかりだと見てるこっちが頭イタくなってしまうのよ。途中ではさまるアニメも、出来はいいけど全体の構成を考えると必要とは思えない。
冒頭のミューズの降臨のシーンからまず、このミューズたちはどこに行ったの?って疑問がわくし、クラブにザナドゥという名前をつけるようにキラが提案するくだりでも、考えてみればギリシャ神話の女神が現代の詩人であるコールリッジの詩の一部を引用してくるのは何か変でしょ。「市民ケーン」見てたからかな。ちなみに、キラの本名は本編で「Terp…」と言いかけるくだりがある。
テレプシコーラのことですな。

あと、ザナドゥのオープニングアクトでオリビア・ニュートン・ジョンのワンマンショーなのはいいけど、その主役であるキラが歌うだけ歌ってそのまんま天に帰っちゃう。スムーズに帰ってしまうの?普通ならソニーはこれを止めようとするでしょ?
Xanandu25
ザナドゥのセットはそれにしても、金がかかってるなぁ。ものすごい出来で、このセットだけで100万ドルかかったって。さすがはローレンス・ゴードンとジョエル・シルヴァーというすごいプロデューサーがかんでるだけのことはあるなぁ。「ヘルボーイ」に「マトリックス」でっせ。それなのに、このつながりの変さが目立つのよ。テーマソングの「ザナドゥ」を歌うシーンはプロモーションビデオとして見るとすばらしい出来ではあります。気になったのが画面全体のローキーさ加減。西海岸だってのに明るい太陽が見えません。おそらく光学合成ではビデオフォーマットを使っていると思うけど、思いの外アラの目立つところもなくてこれは見てて面白かった。でも、このローキー画面のおかげで少しこの努力が台無し。ソフトだけの問題かなぁ。
Xanandu24
あとはもう、とにかくジーン・ケリー。この笑顔はいいなぁ。歳をとってもこういうおじさんになっていることを目標にしたいとマジで思います。本作はステップを踏む彼の姿が見られた最後の作品になったので、そういう点では大変意義がある。

Xanandu22
個人的には、この映画でのオリビア・ニュートン・ジョン好みですわ(*^^)vかわいいもん
興行収入は案の定このデキゆえ振るわなかった本作だけど、サントラ盤は全米チャートで4位という大ヒット。本編ではちょっとしかでてこない「マジック」とかシングルチャート1位の曲もあるし、そりゃ売れるでしょう。
スピンオフで2007年にミュージカル舞台化されて、こちらもヒットしトニー賞4部門でノミネートと肝心の本編だけが結果を残せていないのが笑えるところ。

出来はともかく、個人的には結構この作品の存在は許せるなぁ。
例えて言うなら、大昔の少年の頃に好きだったキレイな女性が、実は何だか変な人だった事実をかなり後になって知った気分とでもいうのかなぁ。ちょっとビター
Xanandu7

見た直後にBSで放映されてたのを知って、すこしヘコんだというオチまでついた今回のエントリでありました。

|

« イテテテテ… | Main | いつのまにやら一月経ってました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ザナドゥ:

« イテテテテ… | Main | いつのまにやら一月経ってました »