« 地球最後の男 | Main | 謹賀新年 »

December 29, 2007

サーフズ・アップ

いまウチには小学生のコドモがいるわけで、その場合どうしても「子ども会」の活動もしなくてはならない。
しなくてはならない、というのはなぜかというと

いかんせんウチの子が通う小学校は都市型の過疎化が進んでいて、つまりどうしても人数が少ない。
ウチの町内の子ども会は6年生が現在二人だけでウチの子はその下にいる5年生。
子ども会唯一の5年生、ということは、来年度に奴はいやおうなしに最上級生として「子ども会の会長」になってしまう。

ただでさえ人数が少なめだしこれじゃサボるわけにはいかない。しかも、今年度はウチのツマが子ども会の世話役をやっている。
ということは、子ども会の活動をいろいろと企画しなきゃならない。あれこれと知恵をしぼり11月にはわんこそば大会を催したが、今月は希望者を募って映画を見に行くことになった。

で、何を見る?とセレクトしてみたが、大人も子供も一緒に見られる映画って思いのほか少ないのだ。
確実なのはアニメだ、ってんで、見ることになったのが「サーフズ・アップ

「ハッピーフィート」の二番煎じかも、とは思ったけどもう、他に選択肢がなかったのでこれは仕方ない。
町内の小学生の子どもたちと一緒に、保護者として見に行った。
326077_01_04_02

物語はというと、南極に住むイワトビペンギン、コディ・マーヴェリック(声 シャイア・ラブーフ 吹き替えは小栗旬)は偉大なサーファー、ビッグZに憧れペングー・アイランドで行われる「ビッグZメモリアルカップ」に出場するためにはるか南極からやってきた。道中ニワトリのチキン・ジョー(ジョン・ヘダー 佐藤せつじ)と親しくなるのだが彼の前に立ちはだかるのが大会9連覇中のコウテイペンギン、タンク・エバンズ(ディートリック・ベーダー 楠大典) 
タンクはビッグZを破った実力者だけど、子供からは嫌われ者。
タンクとトラブルになったコディはいきなりタンクとの波乗り勝負。でもあっさり波にのまれ敗退。気絶したコディはライフセーバーのラニ(ズーイ・デシャネル 山田優)に助けられなぜかジャングルの奥に住むギーク(ジェフ・ブリッッジス マイク真木)のもとに連れてかれる。
ギークにケガの治療をしてもらったコディは会場のビーチに戻る途中ですばらしいビーチを見つけるがそこはビッグZのホームグラウンド。
そしてギークは実は死んだはずのビッグZだと気づく。
サーフィンから離れたギークはすっかりむかしの面影はなかったが、何とかサーフィンが上手になるよう教えを請うコディ。もうサーフィンはしないと決めていたギークはコディの熱意に対して次第にコディにコーチをするようになる。
大会前日、「教えることはもうない。勝つことだけが全てじゃないぞ」とコディを諭すが、勝つことに執着するコディにギークはがっかりしてしまう。

そして大会当日、チキン・ジョーとともにファイナリストに残ったコディはタンクとの一騎打ちにのぞむ。はたして、勝利は誰のものに?

演出がすっかりドキュメント風で、インタビュー形式で語られる部分が多い。
ほんとによくあるサーフィン映画のパクリ。
また、波の描写とか夜のシーンではよく見ると画面が粗くなったりとか海での場面だとレンズに水滴がついたような画面だったりととにかく芸が細かい。
でも、シーンごとのつながりがスムーズでないもんだから物語の流れがいまいちだし、脚本がもっとできのいいものだったら良かったのに…と思ったな。

こういうので子どもたちは満足してくれただろうか?というのが一番の不安。
「ALWAYS 三丁目の夕日Ⅱ」を見たいという親がけっこういたけど、何となくそっちにすればよかったかも、と思った日ではありました。
なにはともあれ、子ども会の活動はがんばってやらんといけない。子どもたちにいいとこ見せなきゃなぁ。
けっこう大変だけど。

|

« 地球最後の男 | Main | 謹賀新年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55867/17508798

Listed below are links to weblogs that reference サーフズ・アップ:

« 地球最後の男 | Main | 謹賀新年 »