« September 2007 | Main | November 2007 »

October 24, 2007

花くれないに

大昔、ワタシが子供だったころは夏も冬も映画館で楽しんでいた。
東宝チャンピオンまつり」と「東映まんがまつり」の双璧が覇を競って
いたのだが、自分的には東宝のほうが好きだったなー。
ゴジラシリーズの再編集版とか、「地球防衛軍」とかの特撮映画をメイン
にしてほかにサブの作品が上映されていたけれど、とにかく映画館が
にぎやかで良い時代ではあった。

盛岡の映画祭も、そういう時代を何とかまたカムバックさせたいと願っての
イベントなのだろうけれど、昨年まで開催されていたみちのく国際ミステリー
映画祭はとりあえず終了となってしまい(いろいろと事情はあるようだが
新たに今年から始まったのが「いわて盛岡映画祭
こちらはミステリーの枠にとらわれない、コンペ抜きの映画祭イベントに
衣替えとなった。コンペがないのはちょっと淋しいけどなぁ。
そのミステリー映画祭の番外企画で昨年上映され、大変な動員率となったのが
この「花くれないに」。1957年の作品だけど、本編の撮影がほとんど盛岡で
ロケーションされたので、昔の盛岡が見られる!と評判になったのだ。
なにしろ当時エキストラで参加した人たちも見に来てるんだもの。
ワタシも見てみたかったが、いろいろあって見に行けなかったのだ。
しかし今回、この「いわて盛岡映画祭」のプレイベントで上映されるので、
また、会場が岩手県公会堂というので見に行くことにした。

10月20日は今にも泣きそうな空模様で、少々寒かった。行ってみると、
会場の5割ほどの客の入り。当然のごとく、平均年齢高い。
岩手県公会堂は築80年の年季の入った建物で、こんな日だと結構寒いのだが
会場にはストーブが焚いてあった。何とかこれでやり過ごせる。
客席後端にどんと、でかい映写機が二台据えてあった。こういうの見ると
楽しさ倍増。
上映前に南部興行の小暮社長による抽選会が行われ、簡単な前説を聞いて
本編の始まり始まり。

花くれないに  1957年松竹
監督 高畠恒男
脚本 猪股勝人
主題歌 コロムビアローズ

西北大学を卒業してしばらく浪人の後、岩手県の今石東高校で教職に就く
ことになった朝田恵太郎(高橋貞二)は上野から列車に乗って今石まで
やってきた。道中一緒になったお琴の先生、水沢まき(夏川静江)に席を譲ってあげたことから親しくなる。駅に着くと出迎えの小使いさんの千厩(渡辺篤)が待っており、「教頭とPTA会長がお待ちかねです」とPTA会長の五本松重吉(柳永二郎)の家まで連れて行かれる。その場で押川教頭(中村是好)に自分の一味に協力を求められるが、よく訳がわからない。
その足で大学の先輩である東高の教師、佐久間(菅佐原英一)の元を
訪ねた恵太郎は佐久間から大歓迎され、居酒屋に誘われる。
居酒屋「山小舎」で飲んでいると、そこには街医者の若杉慎吾(笠智衆
実は二人は、東高をめぐる教頭と五本松の奸計に反対し共闘していた。
山小舎の看板娘、阿津子(中川弘子)は佐久間にやもめの佐久間に
気がある様子。
酔っ払った若杉先生を、阿津子と一緒にリアカーで家まで送った恵太郎
は若杉の一人娘、朝子(小山明子)と出会う。

汽車の縁で水沢家に下宿することとした恵太郎、まきの娘の節子(夏川かほる)から朝子が南高の音楽教師であることを教えられる。今石では高校生は男女共学でなかったのだ。共学を主張する佐久間や若杉派と、それに反対する五本松と押川たちの一派が互いの主張を譲らない状態で、男女合同の運動場の建設計画をめぐり五本松らはその予定地に競輪場を誘致しようとしていた。
その五本松の息子、武富(清川新吾)は節子にラブラブ。
宿直の夜、学校で泥棒を捕まえた恵太郎の株は急上昇。一度は
五本松にたきつけられ朝子たちにきつく当たった恵太郎だが、押川たちの
策略に気づき、保守的な押川たちに朝子たちとともに反対行動をとる。

武富は愚連隊に因縁つけられた節子を助けるため、自ら罪をかぶり
激怒した重助に東京へ転校させられる。重助は競輪場の誘致活動を
さらに進めるが、これには東高・南高の生徒たちもデモ行進で反対活動。
それを知った武富はいそぎ今石に戻り重助を説得するが、重助は聞く耳
をもたない。苦悩する武富は薬を飲んで自殺を図るが、恵太郎に発見され若杉が治療にあたることに。
息子の命を助けてほしいと、涙ながらに若杉に頼み込む重助。その気持ちに応える若杉。あぁ、涙なみだ。

武富は一命をとりとめ、息子の体を張った訴えにうたれた重助は競輪場の誘致活動を中止する。学校で押川を殴った佐久間は北海道に旅立つが、それについていく阿津子。
押川は特定の人物と癒着があると教育委員会からもにらまれ、ほかの学校へと去っていった。
南高と東高、ふたつの高校の生徒たちの合同ハイキングには明るい歌声がひびくのであった。


とにかく、昔の青春映画です。

なんだけど、よく見るとキャストがいいのだ。押川教頭の中村是好なんて、すごいいいぞ。細かいとこまで押川のキャラクター作りがうまいのですな。座敷で幇間芸やってるのもうまい。エノケンのカジノフォーリーのレギュラー役者だった人で、エノケンの映画にも多数出演。最後の作品は「ゴジラ対ガイガン」だったとは。
千厩の渡辺篤も、実にいい味。この人、黒澤作品では不思議な役どころばかりだけど、元々は古川ロッパの「笑いの王国」の役者の一人で小林信彦が賞賛していた位の人だから、こんな風に喜劇の演技は手馴れてるのですな。
校長役の須賀不二夫もとにかく事務的で印象的。
小山明子はきれい。後に大島渚と結婚するとはねぇ。
変な因縁めいてるのは高橋貞二。松竹の二枚目スターとしてますます活躍していたが、本作の二年後に交通事故で亡くなる。後の二枚目スター、佐田啓二も交通事故死してるし松竹の看板は早死にしやすいのかも。

ロケの場所は上の橋=恵太郎が駅から降りて歩く橋、中の橋=高校生のデモ、盛岡駅=今石駅、盛岡一高の旧旧校舎(白亜の由来がわかる)=今石東高、盛岡二高旧校舎=今石南高、馬検場、あさ開酒造=五本松邸、高松の池、岩手公園など。
旧岩手中央バスの車体も新鮮だし、中の橋の場面では岩手銀行旧本店の建物が真っ白なのがわかる。とにかく、昔の盛岡がいっぱいなのでうれしくなるのは確か。
昔の松竹の映画だと結構「ご当地映画」あると思うから、ぜひ積極的に
DVD化してご当地で売ってくれればありがたいなぁ。

古い公会堂で見るというのも、シンクロして楽しい体験になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2007

北京原人 Who are you?

東映というと、とにかく「何でもあり」という感じの一種エクスプロイテーション系の
においがする、そんな映画が多いのだがそのおかげで60年代以降は思いのほか
観客動員では健闘していたので、現在も直営の映画館を多く持っているくらいの
資金力があるみたい。一応文芸作品もやってんだけどねぇ。

特に、任侠ものやらエログロ時代劇やらの分野では圧倒的に強かった。
その流れで考えると、こんな作品が作られても仕方ないのかもしれないけど
それにしても、この作品はあの「幻の湖」に勝るとも劣らぬそういう気概が
感じられる。っていうか、結局そうなっちゃったのね。
このDVD面白がって買ったけど、「そのうち廃盤だろ」とタカをくくってたらいつの間にやら再販になった。
東映は恐ろしい会社だ。

Pekingenjin17
北京原人 Who are you? 1997年東映
監督 佐藤純爾
脚本 早坂暁  主演 緒方直人、ジョイ・ウォン


Pekingenjin13
2001年、純国産スペースシャトルHOPE X2打ち上げとなるわけだが搭乗するミッションスペシャリストは秘密の黒いケースを持っていた。搭乗したのは生命科学研究所の研究者 佐倉竜彦(緒方直人)、竹井桃子(片岡礼子)と桑沢(長谷川初範)。彼らの目的は、生命科学研究所の理事長の大曾根(丹波哲郎)のぶち上げた、北京原人を現代に蘇らせる実験を成功させること。

そのためになんで国産初のスペースシャトルを使わにゃならんのかよく解らんが、中国で戦争のさなか行方が知れなくなった北京原人の頭骨を大曾根はサルベージすることに成功。これから取り出したDNAを解析し復元して、宇宙空間で北京原人を蘇らせようというすごい計画なのだった。
なんで軌道上でやるんだろ?
Pekingenjin12
シベリアにも研究施設があって、ここでは轟博士(佐藤蛾次郎)が奮闘しマンモスのDNAを象と組み合わせた象マンモスを飼育している。
蛾次郎さんですか。

打ち上げを見守る代議士さんたちは石橋蓮司はじめ東映ぽい(石山律とか石山雄大とか悪代官が定番の亀石征一郎)味が濃いのだが、そんなことはともかく実験は成功した、と思ったら隕石が衝突、実験室部分のベビーシャトルは地球上に落下してしまう。落下した地点は沖縄の無人島。
捜索に行った佐倉と竹井両名は復活した北京原人たち(本田博太郎、小松みゆき、小野賢章)を発見する。
Pekingenjin14
240時間で成長するの早すぎない?子供までいるし。という素直な疑問はおいといて彼らとコミュニケーションとろうと、佐倉と竹井はパンツ一丁で交流をはかる。
片岡礼子さん胸モロ出しです。
一方、この打ち上げの目的を知った中国の生命研究所はベビーシャトルの落下を知り、北京原人の奪取をもくろみ中国電視台のキャスター宋美々(ジョイ・ウォン)に協力を求め島へと向かっていた。これに気づいた佐倉は原人一家ともども自衛隊に回収してもらい研究所へ移送される。
Pekingenjin15
この原人を調教しろという大曾根丹波もナニだが、その成果を計るべくなぜか関東社会人陸上大会にフジ・タカシという名前で北京原人を出場させる。
ちなみに女性原人はヤマト・ハナコ、子供はケンジと名づけられたがその理由はよくわからない。
ここで宋美々はケンジを誘拐。これを100m日本記録保持者の不破弘樹をぶっちぎり(8秒9)つつ追うタカシ。
これを佐倉も追うが、美々たちの駆け込んだ中華料理店で引田天功のイリュージョンによりタカシとケンジは隠される。
これを知った内閣調査室長(大竹まこと)となんかの大臣(鈴木瑞穂)は大曾根を叱責。これに対して「すべての責任はわたしがとる」と答える、いかにも丹波さん。どっからこんな怪しげな人を連れてきて理事長にしたんだか。

美々たちは中国へタカシとケンジを連れ帰る。残されたハナコは体調を崩し虫の息。
それなのに大曾根さんは記憶の復元実験までハナコでやろうとする、すごいサド。
そういえばこの前に、タカシに襲われた片岡礼子は胸もまれたりしてんのに、
それに向かって「科学者がそんなことでどうする!体を張ってでも研究を完成させるんだ!ひょっとすると彼との子孫を残せたかも知れんのだぞ!」って、無茶だよ。
そんな大曾根には当然のごとくついていけなくなった佐倉はハナコの命を救うべく、研究所の飛行機をかっぱらいハナコとともに中国へ。
Pekingenjin7
一方、中国に渡ったタカシとケンジは博物館で北京原人の展示を見て自分たちが帰るべき場所があることを知る。んで、いきなり逃走。それをただ一人追いかけるジョイ・ウォンは野宿してもずっと美しいままである。片岡礼子との、この差は何だ。

タカシの雄たけびに応え、シベリアの復活マンモスも研究所を脱走。佐藤蛾次郎はハマーを駆ってそれを追いかけるのだった。
彼らの記憶の中にあった、赤い山の見える場所でタカシとハナコ、ケンジはついに再会を果たす。これに象マンモスもやってくる。象マンモスの背に乗って、彼らは赤い山をめざすのだった。美々も佐倉も一緒に行こうと誘われるが、さすがにそれは遠慮するよなぁ。

Pekingenjin9
山に向かって去って行く彼らの背を眺めながら、佐倉が叫ぶ
「走れ!自由に向かって走れ!」
それでいいのか?

なんとなく感動してしまったが、やはりおバカ映画だよなー。
よく見ると脚本は早坂暁なのだが、なぜこんな脚本に?橋本忍の領域が近いぞ。
佐藤純爾というと、なんといっても「新幹線大爆破」なのだが本作を手がける前に「超能力者 未知への旅人」ってすごいのもやってるしなー。これにも長谷川初範はじめ本作のキャストのほか、早坂暁まで出演しているのは驚き。
本作はえらい金かかってたから、おそらくは製作サイドで横槍入りまくりだったんだろなぁ。とはいっても、これはすごい作品になってしまった。

やはり東映はすごい会社だ。人の恥を何とも思わん。
とはいえ、こういうの見るのは楽しいもんだよ、と一人思うのでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 12, 2007

黒船

 20世紀フォックスというと、超大作「クレオパトラ」のトラブルはじめこまごまと
しでかしている会社という印象があるのだが、DVDにしても「ミクロの決死圏
なんて以前は廉価版で売ってたのに「スタジオ・クラシック」なんてシリーズに
入れられて再販されたら思い切り値上げされてたりして非常に面白くない売り方をしている。それでもこの「黒船」みたくこのシリーズでしか売っていないのなら値段もまぁ、納得いくのだけども他の作品群見るとなぁ、買う側の気持ちも考えろよな、と言いたくなるのも仕方ないような。
DVDで商売というのはあまりおいしい商売ではないみたいだけど、それならそれでDVDならではのアイテムを考えましょうよ。

で、この「黒船」なんだけど当時のハリウッドは空前の日本ブームのさなか。
前に見た「サヨナラ」(MGM製作)の成功を見て首脳部が製作を決めたらしい
のだが、あっちがそうならウチはこうやるでぇ、負けへんでぇ、金に糸目はつけへんでぇ、という勢いだけはすごい、そういう作品だった。
Barbarian_and_geisha20






黒船 THE BARBARIAN AND THE GEISHA 1958年アメリカ
監督 ジョン・ヒューストン
Barbarian_and_geisha4

1856年の下田。ピアース大統領からアメリカ総領事に任じられたタウンゼント・ハリス(ジョン・ウェイン)は通訳のヘンリー・ヒュースケン(サム・ジャフ)と共に入港し下田奉行の田村左衛門守(山村聡)に上陸許可を求める。しかし、左衛門守は米国総領事としての上陸を認めない。あくまでも個人としての上陸を認められたハリス一行は宿舎に荒れ寺を使うよう指示される。
それでも仕方なしに建物をきれいに片付け常宿として体裁を整えるが、地元では食料の購入もままならず苦労を強いられる。
これにハリスは抗議し、条約締結のため将軍への謁見を求めるのだが左衛門守からは返答がないまま無為に月日が経ってしまう。
Barbarian_and_geisha7
そんな折、左衛門守に招かれたハリスは芸者のお吉(安藤永子)を紹介され、彼女がハリスたちの身の回りの世話をするためにハリスの宿舎に送り込まれる。
実際にはハリスの情報を得るために左衛門守が送り込んだスパイとしての役目が主で、最初はハリスを恐れていたのだが次第に打ち解けていき親密になっていく。
そんなこんなで数ヶ月。下田にアメリカだかイギリスの船がやってくる。すわ、本国からの使いかと出迎えるハリスだが、この船はコレラが発生しており乗員が岸に泳いで逃げてきたもんだからハリスが止めるのも聞かず下田の人々は彼らを上陸させてしまうのだな。日本人はなんと善良なのでしょう。
Barbarian_and_geisha13
おかげでこの後、コレラが下田で大発生。次々に住民は病に倒れていくが病人の看護とか死者の埋葬などにハリスたちは奔走する。お吉も過労で倒れてしまうが、ここにきてハリス総領事、病原菌の撲滅のため患者の発生した家屋に火を放つ。左衛門守もこれには激怒、ハリス一行を謹慎とし本国に送り返すこととした。

お吉も元気になり、ハリスは本国に帰る準備を始めるが屋敷の外から聞こえるのは住民たちの声。
Barbarian_and_geisha15
「ありがとうございます、ありがとうございます孝志郎さま…」ハリスが焼き討ちしたおかげでコレラを終息させることに成功したので、最初はハリスに反感を抱いていた住人たちもそのご恩に感謝しておったのだった。
左衛門守もこのハリスの働きに応えるべく、将軍との謁見の手筈を整えた。
ついにハリスは江戸に入府し、将軍に謁見。日米修好通商条約の締結を幕府に迫る。しかし幕府内部は賛否二つに割れ、保守派のキーマン四条殿が暗殺されるまでに騒動は拡大。
それでも開国派がやや有利になると見るや保守派は左衛門守に対しハリスの暗殺を命ずる。これを断れない左衛門守、お吉に命じハリスの寝室に目印を付けさせ、自らハリスを斬るべく宿坊に潜入。寝室に入り、寝ているハリスを斬ろうとし布団をめくった…しかしそこにいたのはお吉!ハリスを護るべくお吉は身代わりになろうとしていたのだ。ハリスを愛しているお吉の姿に敗北した左衛門守は自害する。しかし、これはお吉にとってもハリスとの別れを意味していた。
Barbarian_and_geisha24







もともとはかなりジョン・ヒューストンも思い入れのあった作品だったらしい。
でも、完成後のハラホレさは後の「未来世紀ブラジル」とそっくりで、まず完成試写にフォックス首脳がケチをつけた。で、再編集となったがまたまたクレーム。今度はジョン・ウェインから
「オレがもっとかっこ良くなるようにしてくれぃ」とねじこまれて再々編集。この段階でジョン・ヒューストンは「もう知らん」とさじを投げたとか。
Barbarian_and_geisha10
もともとは日本側からのアメリカ観をハリスという人物で表現したかったので、題名も「タウンゼント・ハリス物語」だったのにこの表現にまずクレーム。題名も「野蛮人と芸者」にされてしまった上に、ジョン・ウェインはとことんアメリカのヒーローでいたかったもんだからハリスが変にかっこよくなりすぎてしまった。日本でのロケは5ヶ月かかったそうだけど、この監督と主演男優との見解の相違はかなり深刻だったそうで二人は口もきかなくなったとか。
おかげでハリスの人物像がぶれてしまっているし、ムリに修正を重ねたもんだから物語が盛り上がりに欠ける。もっとハリスと左衛門守との邂逅がドラマチックだとかお吉とのロマンスの描写があるとかすればましになったと思うけど、そんなのどこにもないんだもん。ラストのお吉との別れも「こんなんでいいのか?」だし。
ジョン・ヒューストンがあまりジョン・ウェインくささを出さないように撮っていたせいかあとから編集で手を入れてジョン・ウェインを前面に出すのはかなり苦労したと思う。
それでも、茶坊主とハリスとのやりとりなんか見ると元々はこんな感じにしたかったんだろうなぁ、と推察できるので、ちらほら見られるそういう喜劇的な部分を楽しく見るのがいいのかも。

この作品の日本ロケは「サヨナラ」の3倍の経費になったそうで、それもこの画面で見られる見事な美術の仕事をみると納得できるな。日本側のスタッフもいい人選で脚本監修が衣笠貞之助、台詞指導につい先ごろ亡くなった犬塚稔、美術に伊藤熹朔、吉川観方、他に弘津三男という時代劇の製作では当時でもベテランのスタッフで堅め打ち。犬塚稔なんて、林長次郎(長谷川一夫)のデビュー作「稚児の剣法」の監督・脚本やってる!…しかも、この映画撮影が円谷英一(円谷英二の本名!)
Barbarian_and_geisha16
下田の町並みとか江戸城内のセットなんかはまず現代では再現不能だろうなぁ。逆にこれから時代劇の美術を学ぶにはとてもいい教材だと思うです。
そんなに物語的にはたいしたことない映画なんだけど、いろいろと面白い点もちらほらあるです。まず田村左衛門守が英語ぺらぺら。(誰に教わったんだ?)お吉も最初から英語で自己紹介してるし、下田ってすごいところだ。
ハリス一行が江戸城に入るくだりって、画面だとどう見ても東大寺だし。
山村聡は男前。安藤永子は叶恭子に似てるのもユカイ。感心したのはサム・ジャフの日本語の上手さ。これならホントに通訳できそうだぞ。驚いたのが牧冬吉が端役だけどしっかり写っていたこと。この後「仮面の忍者 赤影」でブレイクするとは。
Barbarian_and_geisha18





史実を省みると、まず通訳のヒュースケンは後に斬殺される(1860年)だけど、享年28歳なんだよなー、って、サム・ジャフはどう見ても20代には見えんだろ。
お吉はこの後らしゃめんと皆にいじめられ横浜まで流れ、小料理屋を開くんだけど商売に失敗して酒におぼれ自殺してしまったのだ。なんともはや。ハリスはなぜか、生涯独身のまま74歳で亡くなるのだがこれはなんでだったの?と素直に疑問。
これがせめて、のちに不遇の人生を送ったお吉への思いゆえでありますようにと
願います。
実物のお吉は結構美人だったので、悲劇のヒロインとしては好素材。
Barbarian_and_geisha17
それはそうと、安藤永子ってこのほかに出演作が見当たらない。なんでだろ?湯屋のくだり見てて結構個人的には好みだなぁと思ったんだけど…
ひょっとして、わたしだけ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2007

不思議だなぁ

このブログ、何か映画見たときには記事をせっせとこさえてアップする訳なのですが
いつも自動巡回ソフトでテキトーにコメント付けられる記事がある。
4月に苦し紛れにこさえた書き込みなんだけど、なんでこればっかり変なコメントが
つくんだろう。

いま読み返してみても理由がわからないです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »