« ブラジルから来た少年 | Main | 観光連動 「フラガール」鑑賞 »

August 01, 2007

地下室のメロディ

BS2で放送されるってんで、不真面目ながら見ました。
というより、サントリーBOSSのCMでこの映画の楽曲が使われていて(実は20年前にもホンダプレリュードのCMで使われていたそうな)すごい関心があったからなんだけど、いい雰囲気の映画です。
ジャン・ギャバンが演じる老ギャング、シャルルのキャラクターもいい。
「月賦でバカンス?ゴメンだね」などと一人毒づくモノローグが最高。盗みに入るのは一種の美学としてとらえている、単なる悪い奴でないのが冒頭から伝わってきて、例のミシェル・マーニュによるテーマ曲にのってクレジットが出てくるクールなタイトルバック。いいねぇ。アンリ・ヴェルヌイユってセンスのいい監督だなぁ。
えらい不真面目に見てしまったので、これは失敗した。有名なエンディングのあのさらさらと時間の流れるような、全て失うってこういうことなのだなと思わせる構成はまさにGJ。
えらい不真面目に見てしまったので、今度またまじめに見ます。

|

« ブラジルから来た少年 | Main | 観光連動 「フラガール」鑑賞 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 地下室のメロディ:

« ブラジルから来た少年 | Main | 観光連動 「フラガール」鑑賞 »