« July 2007 | Main | September 2007 »

August 23, 2007

哀惜

かれこれ20年以上、たまに出る芝居にいろいろと関わってくださっていた
方が先日急逝した。48歳とは、まだそんな年齢ではないというのに。

どうしても実感はわかなかったが、お通夜に参列して実際に棺に収まった
彼を見て、納得せざるをえなかった。
前日まで普通に過ごしていて、翌日の朝、倒れているのが見つかったとのこと。

喪主は奥さんなのだけれど、まだ若い方なので突然のこの事態にすっかり
憔悴していた。まして、喪主をつとめるということはそういう精神状態にかかわらず
やらなくてはならないことが多いのだ。見ていて、本当にぼろぼろな感じだったのが
なおさらやるせない。

彼は私の次兄と同窓生になる。
4年前に亡くなった次兄のことを思い出してしまった。

長い休みになると必ず実家に次兄は車で帰ってきていたのだが、その年は
早めに戻ることにして盆の明けるその当日、朝に盛岡を発ち自宅に帰っていった。
自分はというと、彼の車がなくなっているのに気づいてやっと、帰ったんだなと
思った程度だった。
その日の晩に次兄から「無事着いた」と電話が母にあった。

3日ほどして次兄の勤める会社の上司から電話があった。
「出社していないのですが、まだ実家においででは?」
送り出したこちらとしては、それはおかしな話。もう無事に戻ったはずなのに。
次兄に電話をかけても出ない。携帯も出ない。何か様子がおかしい。
その日の夕刻、長兄と自分とで様子を見に行くことにした。新幹線に乗り
次兄の住むアパートに着いたのはもうすぐ日付の変わる頃。彼の乗っている
車があった。部屋の前に立つと、明かりが点いている。悪い予感。
鍵を開けてドアを開くと、次兄の灰色の足の裏が見えた。うつぶせに倒れていた。

警察を呼び、実況見分をしているあいだ外で待っていたが夜空は晴れて、星が
見えた。聴取も終わり、解放されたのは午前3時を過ぎた頃。
駅前のカプセルホテルに泊まることにしたけれども、とても眠れない。母に連絡
入れていたので朝に出迎えしなくてはならないし。

まんじりともしない朝が来て、それからはぱたぱたと忙しかった。葬祭場を借りて
次兄が検死から戻るのを待ち、戻ったら祭壇をこさえた。弔問には会社の方々が
たくさん来てくれた。何とか実家まで連れて帰りたかったけどそれは無理な状況で
仕方なくお骨にして実家に連れて帰ることにした。火葬はすぐ翌日。
地元ではお骨は木の箱に収めるが、次兄の住んでいた厚木では骨壷に収める
そうで、このとき使ったがこれがまた結構重い。お骨を収めて盛岡に帰ることに
して、ずっと電車で移動したのだけど長兄はこの骨壷をずっと自分で持っていた。
重いのは判っていたから、代わるよ、と声をかけても彼はずっと抱えたまま。
盛岡の実家までたどり着いたとき、叔父や叔母たちがずっと待っていてくれた。
そして、骨壷に収まった次兄に「お帰りなさい」と語りかけてくれた。このときに
初めて長兄が泣いているのを見た。声も出さずに、我々に背を向けていた。


残される側には、どうしてもつらいことだらけ。あれから4年経ったのだがやはり
思い出すと切なくなるなぁ。
自分はどういう最期を迎えるのだろう、といつもなんとなく考えている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2007

ヒッチハイク

Pibf715324







基本的にスケベなので、自宅の近所に通好みのDVDとかCDを売ってるお店があるのだけれどここの売り場に並んでていつも気になっていたのがこの「ヒッチハイク」。
むかーしスクリーン誌読んでてこの映画の紹介があったのだが「なんというエッチな映画なのだ!」と思ってた。
DVDのジャケットも気になった。最大の目玉コリンヌ・クレリーの裸が使われているではないか。スケベにはうれしい外装だ。で、今回DVDで見た訳だけど、スケベ的にはややガッカリだったけど映画的にはちょっと面白かったので、何か得したような気がするぞ。

ヒッチハイク HITCH HIKE
1976年 アメリカ・イタリア
監督  パスカーレ・フェスタ・カンパニーレ
原作  ピーター・ケイン
音楽  エンニオ・モリコーネ

Pibf71530
ウォルター・マンチーニ(フランコ・ネロ)とその妻イヴ(コリンヌ・クレリー)は結婚して9年目だが、すっかりその夫婦仲は冷えている。車でキャンピングカー引っ張って山でハンティングしたあとキャンプ場に来たわけだがウォルターは酒浸りで、酔っ払ってはイヴを無理やり押し倒すし、周囲には悪態つきまくりの迷惑な男。
Pibf71531
ウォルターは三流雑誌のライターで、イヴは社長令嬢なもんだからお金の問題で離婚するのも難しい状況。
「あなたのはファックだけどほかはみんなメイクラブなのよ」などとイヴにも言われてしまう。そんなウォルターの世話をしてくれるイヴはいい嫁だ。
美人だし、カラダもいいしなぜ夫婦仲が冷めるのだ?帰路についた二人はヒッチハイクの男を乗せる。おりしもラジオのニュースでは2百万ドルを強奪し逃走中の4人組を報じていたが、その1人がこの男アダム・コーニッツ(デヴィッド・ヘス)だった。妻に下品な言葉を発したアダムを車からたたき出そうとしたウォルターは銃を突きつけられ、イヴとともに人質にされてしまう。アダムの狙いはネバダから南に下りメキシコ国境を越えること。
盗んだ金を独り占めして逃げようとしていたのだった。
Pibf71538

道中、彼らを確保しようとした警官を射殺し金を取り戻しにきた共犯の二人にも襲われるがものともしないアダム。このデヴィッド・ヘスにコリンヌ・クレリーが何度も押し倒されて見てる方はついにきたか!と思うといつもあと一歩というところでそこまで至らない。
愛のさざなみ」みたい。
アダムに「オレの自伝を書け」と強制されるウォルターだけど、彼の指示を聞かないもんだからだんだんアダムが頭に来る。そしてもうすぐ国境を越えるという山の中でアダムはついにウォルターの目前でイヴを自分のモノにしてしまう。Pibf715323
アダムに組み敷かれ声をあげるイヴの姿を怒りの目で凝視するウォルター。
裸のイヴがキャンピングカーに連れこまれたすきにウォルターは自身の手足を縛るロープを切り脱走を図るのだが、出てきたアダムに「おまえの女房はオレがもらってくぜ。あばよ」と撃ち殺されそうに。もはやこれまで。
そのとき、イヴが持ち出したライフルでアダムは射殺される。ライフルをキャンピングカーに積んでいたのだ。アダムの死体をキャンピングカーに隠した上で、ウォルターは陵辱されたイヴに服を着せ、二人のこれからを相談する…
Pibf715326







となると、こういう事件を経て夫婦の関係が修復されてめでたしとなるとばかり

思ってたのだけど、この後が問題。
「誰も見ていないんだから、この金を横取りしてしまおう」というウォルター。
それを制するイヴなのだけど、もともとぐずぐずの夫婦仲だからイヴもなぁなぁでウォルターについていくだけ。道中立ち寄ったドライブインでアンポンタンな不良どもに目をつけられた二人はタチの悪いイタズラされて事故を起こしPibf715334車が道路下で横転。
大ケガして動けないイヴはウォルターに助けを求めるけれど彼はそれを見捨ててアダムの死体を彼女の脇に置き、「この時を待っていたんだ」とガソリンをまいて火を放つ。美人のいいカラダの奥さんを非情にも焼き殺しちゃうのかぁ?…見てるこっちはここに来てやっと、いかにこの夫が妻を嫌っていたのかを理解するのだよ。
奥さんかわいそだなー。気乗りしなくても乗せてあげてたじゃん。
炎が上がるのを見届けて、街道脇でヒッチハイクするウォルターの姿でエンドタイトルなのが気が利いてる。

とにかくスケベな気持ち最優先で見たもんだから、そういう点ではあのえっちシーンひとつだけに集中させられてしまい、ちょっと複雑だけどコリンヌ・クレリーのサービスカットがちりばめてあるんで、まぁいいでしょう。
Pibf71536

アダムを演じたデヴィッド・ヘスはウェス・クレイブンのデビュー作「鮮血の美学」でも主演してるのである意味カルトな人。他の出演作でもだいたい変質者みたいな役が多いみたい。(「真夜中の狂気」とか)この直後に撮ったTVM「黒い九月 ミュンヘン」ではまたフランコ・ネロと共演しているのも笑える。
コリンヌ・クレリーは本当にカラダを張って頑張ってますが、どしてもこういう風な役ばかりになっちゃうのね。
O嬢の物語」なんか、衣装ほとんどないだろ?見たいけど。
フランコ・ネロのダメダメな感じはとてもいいと思うので見て損はしないけど、モリコーネのマカロニカントリーソングにのせて描かれるこの映画にはこれといって一気に盛り上がるとこもないから、がんばって見なきゃ寝てしまうかもです。
それにしてもこのオチは意外だったぞ。ワタシの場合、ヨメに気を使うようになりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2007

観光連動 「フラガール」鑑賞

 ヨメが3ヶ月ほど前からフラダンスを習っているのだが、なにぶんアツくなる
人なので昨年公開されていまだ人気の高い「フラガール」を見たい!
と燃えていた。あーはいはい、と自分はいい加減であったが、やはり関心は
ありました。あの、常磐ハワイアンセンターの話なのだもの。
Hula_girl35





常磐ハワイアンセンターというと自分くらいの年代の東北在住の人間にとっては
ある意味プレミアム性が発生する名前なのだ。だって、ハワイですよ。ホントの
ハワイはそう簡単には行かれないけど(行った経験はあるが)日本のハワイなら
何とか行けそうだし、子供の頃によく目にしたけれどテレビCM見てるとえらい
楽しそうなショーやってるし、行けるもんなら一回くらい行ってみたいもんだなぁと
思っておりました。そんなこんなで年月は経ち、自身が大人になった頃には常磐
ハワイなんて名前はすっかり忘れていたのだけれど、…スパリゾートハワイアンって
何だ?とその名前を目にしたとき疑問に思った。いつの間にか常磐ハワイは名前が変わっていたのをこのときに知った。でも、中身はそんなに変わってないんだろうなぁと思っていました。去年、アクアマリンふくしま(水族館)見物に行ったとき、スパリゾートハワイアンズの大きな看板があって「へー、この辺なのね」と場所を押さえていたし、昨年秋、「フラガール」が公開されて大ヒット。これでやはり「やっぱ行ってみたいなぁ」とふと思った。大人の自分にはアクセスに苦労することはない。
場所もだいたい知っているのだし、いつかは行こうと思っていたのだけれど
そうこうしてたらヨメがフラを習い始め、映画も見てハワイアンズ行きたい!という
ことになったのだった。
で、予習のためにDVD借りて見ました。流行りすじの邦画を見るのは、初めてかも。

物語は、1965年の常磐市(現在のいわき市)常磐ハワイアンセンターの開設にあたってのフラダンスのダンサー募集のポスターから始まる。これを見た木村早苗(徳永えり)が親友の谷川紀美子(蒼井優)に「一緒にやらん?」と誘う。
おりしも石炭産業は斜陽の一途。炭鉱労働者2千人を解雇して新たに観光事業に乗り出す!と会社側はアナウンスするんだけど組合の反発は強い。炭鉱一家の紀美子の家でも、母の千代(富司純子)が紀美子のダンスやろうかと思う、なんて話に激怒。兄の洋二朗(豊川悦司)はそんなに反対はしてないが強く出られない。
吉本部長(岸部一徳)のもと集まったダンサー志望者にハワイアンダンスとはどういうものか?とフィルム上映して説明会が行われる。けれど、「こんたなはずかしいのできね!」と皆逃亡。残ったのは早苗と紀美子、子持ちの初子(池津祥子)に後から親父(志賀勝)に連れてこられた小百合(山崎静代)の4人だけ。
開設された常磐音楽舞踊学院での指導のために招かれた元SKDのダンサー、平山まどか(松雪泰子)は飲んだくれで
「ワタシのハワイ、どこ?」などと酔ってつぶやき歓迎会もできないまま寝込み、目が
覚めたら「何なのここ!」と来た事も覚えてない始末。4人に教えるつもりもない。
そんなまどかに吉本部長逆ギレしてしまうし、洋二朗と光夫(三宅弘城)にも
からかわれるが「用が済んだらこんなとこさっさと帰るわよ!」とやりかえす。
紀美子は結局学校もサボりだし、稽古場に早苗と行ってみるとまどかが一人で
踊っている姿を目撃し大感動。でもまどかには教えるつもりがさっぱりないまんま。
ひょんなことで紀美子が学校をサボっていることが千代にバレ、舞踊学院から
千代に家へ連れ戻される。
オレの人生、オレが決める!」と反発した紀美子は家をおん出てしまう。
洋二朗は飲み屋でまどかを見つけ、妹のことをよろしく頼むなんていうけれど、
まどかにしてみれば有難迷惑。学院に寄ってみたら早苗と紀美子がテキトーに
踊っているのを発見。
「先生の踊り見たとき変われるかも知れないと思ったけど、一生ムリなんて決めつけねぇでくんちぇ」とイキがる紀美子に
「何でも言うことをきくこと。口答えしないこと。つらくても泣かないこと。守れるなら
教えてあげる」と条件を告げるまどか。
守ります、と言う早苗にしぶしぶついてく紀美子だけど、ついにダンスの指導が始まった。
一方、洋二朗と一緒に炭鉱で働いていた光夫はいつの間にやらハワイアンセンターへ異動し、植物係となりやしの木など運んでいるところを洋二朗がとっちめる。
が、もう炭鉱はダメだって判ってるべ!と言い返され返す言葉のない洋二朗。
判ってるけど山にしがみつくしかない立場なのだ。退職勧奨が増えたので学院の
志望者も増え、まどかのダンスのレッスンにはなお熱が入る。が、まどかの元に
東京から借金取り(寺島進)がやってくる。そこへ現れる洋二朗、まどかが
借金を抱えていたことを知る。構わないで欲しい、とまどかに言われておとなしくする洋二朗だけど、何とかしてやりたいところ。
早苗の父(高橋克実)も解雇となった。そんな日の夕刻、家で
早苗がフラの衣装を妹たちに見せていたところに父が帰ってきてしまいムスメの
姿を見て激怒した父に早苗はひどく殴られる。それを聞き駆けつけたまどかは
早苗の父が銭湯で入浴中でも構わず風呂場に乱入し格闘。
早苗の一家は夕張へ引越しとなり、紀美子たちとの別れのときがやってくる。
「ダンスやってたときが今までで一番楽しかった」とまどかに告げる早苗を
まどかは抱きしめる、あぁただ涙涙。紀美子とも「じゃぁなー!」と男らしい
別れの言葉を投げあう。
ハワイアンセンターの宣伝活動でついにダンスの披露の場がやってくる。でも、慣れないもので初めからぎくしゃくしてしまい、うまく踊れないことの責任の押し付けあいする彼女らの様子にまどかも激怒。その姿に彼女らもあわてて詫びて行脚はつづく。
どんどん上手くなり快調に宣伝活動をこなす彼女たち。そんな中、炭鉱で落盤事故
発生。小百合の父が巻き込まれたことが知らされるがそれでも小百合は涙ながらに「踊らしてくんちぇ」と懇願し、その日の公演を終わらせてから炭鉱に帰ったのだが「親の死に目にも会わせねぇのか!」と組合のトップたちから大目玉。責任をとってまどかは常磐炭鉱を離れることになった。
小百合の父の葬儀が行われた直後、光夫が組合長に植栽を枯らさないようにストーブを貸してくれるよう懇願しているところに千代が出くわす。家に帰った千代は早苗からの小包を紀美子に届けるために学院に出向くのだけれど、練習する紀美子の姿を見てその成長を認めることに。新しい時代が来ている事を感じた千代はストーブを借り集めハワイアンセンターへ届けるのに洋二朗とともに協力する。
東京に向かう列車に乗ったまどかを引きとめようとする彼女たちも、フラの振りで気持ちを伝えてまどかを引き止めることができた。
そして、ついに常磐ハワイアンセンター開業の日がやってきた…。

最初本編の長さを見たとき、2時間かぁ…と思ったけれどとてもノリがいいので
飽きることもなかった。素直に考えてみれば、これってどう見ても題材が完全に
「プロジェクトX」なんだけど、ノリは喜劇なので田口トモロヲの出番はない。
巷で言われてるように確かにやり方は思いっきりベタなんだけど、まぁいいでしょ。
作り自体が「リトル・ダンサー」だし、模倣してる部分も多いのは確かだけれど、結果うまくいってんだもの。まずはこの素直な世界を楽しもう。(個人的には最初の説明会のくだりはどう見てもモロ「クール・ランニング」だと思うし。んでも、まぁこれなら許そう。どしてもこういうサクセスものに日本人は弱いのだ)
蒼井優は「花とアリス」で見てたけどこれではえらく真面目に芝居やっているのをみて、大人になったねぇと思った。前はえらく地のままの雰囲気だったことを考えると役者になりました。
岸部一徳はあれだけ長い方言のセリフを見事にこなしていますので尊敬。
志賀勝は久しぶりやなぁ。

難癖というわけじゃないけれど、いくつかの気になったポイントもある。
全体に思ったのは、CGでもいいから常磐ハワイの建物を見せてほしかったこと。
一生懸命やっている人たちのゴール地点をおりおりで見せて欲しかったけど、
出てきたのは終盤の開業のときだけ。(行ってみて判ったけど、建物自体は開業時
から大きく変更はされていません。増築はされているけれど)あと、早苗が父親に
殴られるくだりも何か浮いた感じがあるのだけれど、せめて序盤に高橋克実が出る
カットがはさんであればよかったかな。唐突に出てくる感じが強い。まどかと洋二朗
との距離感も何かうやむやになっているのも気になった。この人たちはお互いどう
思っているのか劇中で何も語られないんだもの。せめて移動中のバスで紀美子と
まどかが話しているくだりに一言はさんであげてほしかった。借金取り寺島進と
トヨエツとのバトルも「で、どうなったんだ?」だし。
「キル・ビル」でいい仕事していた種田洋平の美術は一部やりすぎ。早苗の家は
ひどすぎですよ、あれじゃ。これはしかたないかなぁと思ったのは、落盤事故のときに入坑口に集まってる人の数。実際にはもっとめちゃ人が多くいなきゃだめだよ。
サイレン鳴らして近在の非番のひととか家族とか会社の人間とか上がってきた坑夫
たちとかに知らせているはずなのだから。
乗り物好きにとっては、これだけきちんと古い車そろえてくれてるのには感激。
とにかく、現地でのロケが多かったこともあり地場密着型の映画となったけどこれがとてもうらやましく思えた。地元でロケなんて…某連続ドラマでもあまりやってくれなかったしな~。もうすぐ終わりじゃないかぁ!さんさ踊りにいきなり主要キャスト参加してましたが。
こんな感じでさらなる地域おこしをみんなで考えたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2007

地下室のメロディ

BS2で放送されるってんで、不真面目ながら見ました。
というより、サントリーBOSSのCMでこの映画の楽曲が使われていて(実は20年前にもホンダプレリュードのCMで使われていたそうな)すごい関心があったからなんだけど、いい雰囲気の映画です。
ジャン・ギャバンが演じる老ギャング、シャルルのキャラクターもいい。
「月賦でバカンス?ゴメンだね」などと一人毒づくモノローグが最高。盗みに入るのは一種の美学としてとらえている、単なる悪い奴でないのが冒頭から伝わってきて、例のミシェル・マーニュによるテーマ曲にのってクレジットが出てくるクールなタイトルバック。いいねぇ。アンリ・ヴェルヌイユってセンスのいい監督だなぁ。
えらい不真面目に見てしまったので、これは失敗した。有名なエンディングのあのさらさらと時間の流れるような、全て失うってこういうことなのだなと思わせる構成はまさにGJ。
えらい不真面目に見てしまったので、今度またまじめに見ます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »