« 思いつき | Main | 映画、見ろよ自分 »

November 08, 2006

虹の女神 だっけ?

前回のカキコは新作「虹の女神」という作品のことであった。
スチルを見たらフジカZC-1000もエルモGS-1200もしっかり登場。
嬉しいような、切ないような。GS-1200はその昔、オイラが自主制作映画
少年だった頃の最強のフィルム映写機だった。とってもお世話になった
カメラ屋の大先輩が持っていて、これはとにかく憧れだったなぁ。
ちなみに定価は¥328,000でした。クセノン球をのっけた奴は
50万オーバー。
ただ、さすがに映画でも8㎜フィルムのリールは手当てできなかったらしく
GSには小さいリールがかかっていた。今はこれにのっけられる
1200フィートのリールなんてまず手に入らない。800だって、どえらい
高い値段がついている。8㎜フィルムは1巻で50フィート/200秒なので
800フィートだと単純に計算すると3200秒。つまり53分20秒の長さ。
これくらいの長尺の自主映画はあまりなかったです。
もうこんな知識は、過去のものになりました。

|

« 思いつき | Main | 映画、見ろよ自分 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 虹の女神 だっけ?:

« 思いつき | Main | 映画、見ろよ自分 »