« September 2006 | Main | November 2006 »

October 27, 2006

思いつき

26日の朝、「めざましテレビ」を見てたら岩井俊二のインタビュー
をやっていたのだけれど、その場所においてあった小道具に
感激してしまった。ゴコーサウンドエディターRM9800が机に
乗っていて、おまけにフジカZ800が三脚の上に乗っている。
良くめっけてきたもんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ナイト・タイド

 その昔、今でこそ音楽はネットなりケータイなりで購入するのがフツーになったけど、自分がそろそろ好みの曲を持ち出した頃はというとまずレコードを買ってこなきゃならなかった。しかし、なぜかLP盤は2,800円もして金の無い中坊にはつらい買物ではあった。となると、どうするかといえば欲しい曲がかかるFMの番組を調べ、エアチェックしてカセットテープ に録音し、マイベストを作っていったのだった。
たまっていったカセットテープはどうなるかといえば、結局そのままになることは多かったなぁ。とにかく既成のソフトはめっちゃ高かった。
裏ビデオのおかげでビデオデッキが普及しだして、ビデオのソフトがどんどん発売されたのだがこのソフトがまた高かった。買うと10,000円以上した。
結果レンタル屋に走るしかなかったのだが、レンタル料金も今とは段違いの高さ。何を借りても1泊2日で400円なんて値段。そういう点ではホントに時代は変わった。DVDのセルソフトは劇映画でも500円からあるんだもんなぁ。
そういう原体験があるから、結果DVDのソフトを手当たり次第に買い集めるようになったのかしら、と最近思うようになったです。今何枚あるんだ?

トラッシュマウンテンのDVDは、企画はいいんだけど肝心の内容がいまいちよくないんで困る。かといって、ジェス・フランコの作品なんかはいいところを押さえて発売したりしてるんでこれまた困る。
作品がDVDになった」ことを喜ぶべきか、「いい内容のソフトが手に入った」と喜ぶべきか?ここは難しい問題。
実際に、「地球最後の男」が「人類SOS!」とツインパックになって発売されたときにはあたしも喜びました。実際に買って、見てみてちょっと悲しくなりました。スティングレイを見習ってくれ。しかし、日本語版のソフトがこれしか
ないって場合は、もう仕方なしに積極的に買ってしまうわけです。
今回見た「ナイト・タイド」は実はこのツインパックの第2弾で、「恐怖の足跡」とカップリングされているやつなのだけど、こっちはこっちで実は結構なめっけもんだった。メインはあくまでも「恐怖の足跡」なんだけと、何がめっけもん
かというと、あまりにも若き日のデニス・ホッパーが主演なのだもの。そして実際に見てみたら、これがまたとてもいい感じの作品なのでうれしくなってしまった。
Tmv_00601


←若いのだ!


ジョニー・ドレイク(デニス・ホッパー 泣けるくらい若い)は海兵隊員。入隊してまだ1年ほどのルーキー。生い立ちのせいか、孤独なワカモノ。休暇で訪れたサンタモニカのクラブでジャズカルテットの演奏に聞き入るモラ(リンダ・ローソン)に出会う。
美しいモラに一目ぼれのジョニーはコナかけるのだが、そこに怪しい女(マージョリー・キャメロン)が現れ何事かを語る。苦しみだすモラ。
Tmv_00607






クラブを飛び出したモラを家まで送るジョニー、ちゃっかり翌日のデートの約束もとりつける。
Tmv_00608


けっこう調子のいい奴


モラの住む部屋はメリーゴーランド小屋の二階。翌朝そこを訪ねたジョニーはメリーゴーランドの持ち主の男(トム・ディロン)とその孫娘エレン・サンズ(ルアナ・アンダース)と知り合う。しかしモラの部屋に行くと告げたとたんに二人とも怪訝な表情。ジョニーはモラの部屋で食事をとり、二人でモラの仕事場に向かうとそこは見世物小屋。その主サム・マードック船長(ギャビン・ミューア)をモラに紹介されるジョニー。
Tmv_006013

モラの仕事は、この見世物小屋で人魚を演じることなのだ。
ジョニーはモラと愛し合うようになり、休暇のたび彼女の元へ通う。自身を人魚の末裔と信じる彼女はどこか秘密めいていることを楽しむジョニー。
ある日、メリーゴーランドでジョニーが時間をつぶしているとエレンにコーヒーを勧められ、ありがたくいただく。同席した占い師のロマノビッチ夫人(マージョリー・イートン)を紹介される。
Tmv_006017






そこへヘンダーソン警部が現れ、エレンの祖父(名前ないんだもん)と会話を交す。
「事件は解決しそうかい?」
「いや、だめだ。2件とも」
エレンはジョニーに隠していた事実を聞かせる。この二年間でモラと付き合った男性が2人、殺されているのだ。エレンはジョニーの身を案じる。そこへジョニーに電話がかかってくる。ここにいるのは誰も知らないはずなのに?無言電話が切れあの怪しい女が電話ボックスから出る姿が見える。女の後を追うジョニー。
姿を見失ったところは、マードック船長の家の前だった。
船長の家で、ジョニーはモラの思い出を聞かされる。モラは以前、この家に彼と住んでいたのだ。モラは本当に人魚の末裔なのか?

夜、モラの元を訪ねたジョニーは眠ってしまう。目が覚めると、モラが寄り添っているのだが…人魚。そして、怪物になる。襲われるジョニー…彼は夢にうなされていたのだが、本当に目が覚めるとモラがいない。
「どこにいるんだ?」
彼女の名を呼び捜すジョニー。
「ジョニー!」と応えるモラは、桟橋の下で波に打たれている。
助け出すジョニー。モラは、海に呼ばれたのか?
夜が明け、モラを休ませてジョニーは占い師ロマノビッチ夫人のもとに。自身の運命を占ってもらうのだ。結果は、自分を犠牲にする男の姿。どんな意味?
マッサージ屋で船長から彼は忠告をうける。「満月の頃は気をつけろ」
エレンにコーヒーを勧められ、善後策を話し合うジョニー。
モラの元に戻ると、彼女はいそいそと潜水具の手入れ。ダイビングに行こうと誘われるジョニーだが、気乗りしない。でも結局行くことに。おりしも日は満月の頃。
翌日海に出てダイビング開始。と、ジョニーはモラに海中で襲われる。ナイフでエアを切られ命からがら船に戻るジョニー。モラの戻ってくるのを待つが、彼女は戻らなかった

 常宿のホテルで、ジョニーはまた夢を見る。波打つ岩に座るモラ。人魚。彼女の手を握るが、モラは海に逃れる。それでも手を離さないのだが、それを笑うモラの顔。笑い声。
目が覚めて、ふと目にした新聞に遊園地の20周年記念の記事。モラの人魚はまだやっている…?私服でサンタモニカへ行くジョニー。そして、人魚の小屋へ。
そこには、モラの死体が飾られていた。「来ると思っていたよ」
Tmv_006032






ジョニーに銃を向け、声をかける船長。船長はモラを海から捜し出してきたのだ。
そして、彼女と付き合った男たちを殺したのは船長だったのだ!
モラを奪ったジョニーも殺そうと銃を撃つ船長。しかし弾ははずれ、銃声を聞いた警官が駆けつけてきた…。

船長は警察ですべてを告白した。彼はモラをどうしても手放したくなかったのだ。
彼女を、少女の頃から愛していたのだ。が、いずれ家を出て行くに違いない。
そんなことは考えられなかった。だから彼女を人魚の末裔と信じ込ませた。
それから、彼女と付き合っていた2人の男を殺したのだ。
モラは、愛するジョニーとともに死ぬつもりだった。そのことをようやく解ったジョニー。しかし、あの謎の女のことは船長も知らないと言う。
Tmv_006034
エレンはひたすらジョニーにコーヒーを勧める





ジョニーを迎えるため、エレンは待っていた。紙コップでコーヒーを勧めて
「次の休暇は、回転木馬に乗って」
「ああ、そうするよ」
憲兵の車に乗り、基地に向かうジョニー。
エドガー・アラン・ポーの詩「アナベル・リー」の抜粋が、字幕に現れてエンドタイトル

 とにかく、清楚で雰囲気が幻想的でいい作品なのだ。
白黒の、低予算で撮影されたことがばればれのフィルムなんだけど若き日のデニス・ホッパーがこのジョニー役にはまりすぎでこれだけでもいい感じなのに、モラを演じたリンダ・ローソンも謎めいた不思議なキャラクターを好演していて、見事にファンタジーの要素を満たしている
Tmv_006028






夢で出てくるタコの造形なんかは失笑してしまうけれど、そこはそれ、補ってもあまりある幻想的な好作品に仕上がってます。主演の2人のおかげ。
監督のカーティス・ハリントンは、こんないい感じのを撮ってるからさぞかし他にもいい仕事をしてんだろうなぁと思ったら、別にそんなこともなくてB級ホラーをこの後ぼちぼち撮ったりして、後にテレビシリーズの演出を主に生業にしていたみたい。「ベガス」「刑事バレッタ」「ワンダーウーマン」「ローガンズ・ラン」「チャーリーズエンジェル」に「新トワイライトゾーン」と、結構なヒットシリーズが並びます。この作品がホラーのプログラムピクチャー専門AIPに買い取られたせいかB級のホラーを撮るようになったらしいけど、なんかもったいない気もする。またしてもコーマン先生登場。
とにかく、こんな感じでめっけものがあればうれしいなぁ。

 だから僕は一晩中 いとしい人の傍らに身を横たえる
 いとしい人 ぼくの人生 ぼくの花嫁
 海のそばの墓のなか 波音ひびく彼女の墓で
 (出口保夫・斉藤貴子 訳より)

アナベル・リー全文はこんな風
この映画の下敷きはこの詩なのでした

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2006

ああ、シングル8

 10/21の朝日新聞を読んでみたら、仕方ないかなとは思いつつ
きわめて残念な記事があった。まぁ、藤岡琢也が亡くなったことは
これはこれで残念だが、これを知らなかったことは恥じたな。
「富士フィルムが生産していたシングル8フィルムの生産・出荷を
07年3月で終了し、現像も08年9月で停止」…!

http://fujifilm.jp/information/20060425/index.html ←公式のリリース

 そりゃまぁ、確かにパーソナルなメディアとしての能力というか
需要というかはもうたそがれているかもしれないけれど、個人的には
これがあったからこそ映画を自分で作りたいという願いがかなったし
実際に撮って、いろんな人に見せるという作業の楽しさを知った、
とにかく自分の原点になっていたあのシングル8がなくなってしまう。

時の流れとはいえ、寂しいったらない。

いつか復活をさせてあげたいと思っていたものが手元にある。
フジカZC-1000。シングル8のカメラというか、全8mmカメラの最高峰
といっていいカメラ。一眼レフ方式で、標準10倍ズーム。最高72コマ/秒
のスローモーション。Cマウント採用でレンズ交換可。長時間露光も可能
という代物で標準レンズ付きの定価が258,000円だった。
これを一生懸命貯金して買ったのが高校2年のとき。しかしいい加減な
保管のせいでグリップ内の電池が液漏れしたもんで補修が必要になった
うえにところどころ故障が発生。あげく経年変化でフィルムマガジン部の
モルトが腐りオーバーホールが必要だったのだけれど、これがざっと5万円
かかるといわれあきらめていたのだ。
それでもいつかまた、復活させてあげたいと思っていた。
なのにフィルムがなくなるんじゃ、いったいどうしたらいいのか。

ああ、この辺の昔話を語ると長くなるぞ。なんとかなくならないように
願いたい。「フィルム文化を存続させる会」の活動を何とか支援したいと
思うのであった。
公式ブログはこちら

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 12, 2006

月日は流れて

 寒くなってきました。
とはいっても、仕事で出かけた青森の最高気温は26℃…って、
夏日じゃん。暑いわけだよ。
時間が流れて変化はいろいろとついてくる。まず、秋田の有楽座
はどうも閉館したらしい。さびしいものです。そして、体重が減らない。
減らすために杜仲茶も買って毎日飲んでいる。そして、夜には
ウォーキングもやり始めた。ずっと63kgだったのが最近体重を
はかったら72kgくらい。…いつのまに。
がんばって体重減らそう。DVDは結局買わないつもりでいたけど
「三銃士(1973)」「四銃士(1974?)」「血を吸うカメラ」に「ブラック
サンデー」と見ないでいるうちにどんどん増える。「黒船」と「緯度0」
をどうするかと思案する、ダイエットとうちゃんでありました

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 02, 2006

ウィッカーマン

日記じゃなくて、月一更新になってしまったのは仕事が忙しかったのも
あるけれど、とにかくずぼらだということですな、自分の性分が。

前から欲しかったのだ、このソフト。
スティングレイが販売するDVDソフトの第1弾として発売されたのが
この「ウィッカーマン 特別完全版」と「血を吸うカメラ」の2作。ウィッカーマン
見てすぐの9月末で「血を吸うカメラ」も販売終了ということをネットで知り
あわてて「血を吸うカメラ」も手に入れてしまった。

それにしても、この「ウィッカーマン」すごいボリュームのソフト。本編だけ
でも正規の劇場公開版のほか、カットされたシーンを復元・再編集した
全長版にビスタサイズにマスキングする前段階の短縮版も収録している。
このほかにドキュメンタリー「ウィッカーマン・エニグマ」、この映画を紹介
しているTV番組「クリティックス・チョイス」の後半部(前半部は未発見。
クリストファー・リーと監督のロビン・ハーディーがゲスト出演している)
予告編にオーディオコメンタリーなど、欲しいのが全部入っていると言って
いい内容(英語字幕がないのがちょっと…)UK版US版もかなわない。
今回は全長版を見てから公開版をななめに見たので、細かい違いが
わかって楽しかった。

スコットランド本土からサマーアイル島に飛行艇でやってきたのはハウイ
巡査長(エドワード・ウッドワード)。ローワン・モリソンという少女が行方
不明になっているとの匿名の手紙を受け取り、捜査のためこの島に
Wickerman_th_ver3

やってきたのだ。しかし、この島の住人たちは
誰も彼女を知らないと言う。
何かを彼らは隠していると感じたハウイは捜査
続行のためマクレガー(リンゼイ・ケンプ!)の
経営する宿屋兼酒場に泊り込むのだけどパブではえっちな歌の合唱。
夕飯は缶詰の豆やらで最悪。島の名産のりんごも食べられない。
飾ってある毎年の感謝祭の写真、昨年のだけ貼ってない。マクレガー
は「破けたので捨てた」とのこと。
たまらず外に出ると乱交する島の人々。敬虔なクリスチャンの彼にはとても
耐えられない(婚約者はいるけど婚前交渉は全くない)宿の一人娘ウイロー
(ブリット・エクランド)には思い切り誘われるけど教えに従い耐えるハウイ。
Wickerman_th_ver7_1




Wickerman_th_ver11

翌日、小学校に出向くハウイ。五月祭の準備に
忙しい学校で教師のミス・ローズ(ダイアン・シレント
 ショーン・コネリーの元夫人)に話を聞く。
ローワンの名は出欠表にあるのにやはり誰も彼女
を知らない。何故だ?
「この島では、死によって肉体が滅びるとは考えていません」とローズ。
Wickerman_th_ver13
記録課の司書(イングリッド・ピット)にも聞くが
答えは同じ。
墓守(オーブリー・モリス)に「ここにローワンが
埋まっている」と教えられた
ハウイはこの島の領主であるサマーアイル卿(クリストファー・リー)に
話を聞きに行く。道中裸で踊る娘たちを見てこの島の破廉恥さにあきれる
ハウイ。卿は「あれは神聖なこの島の儀式だ」と説明する。
Wickerman_th_ver15

彼からは、この島の物語を聞かされる。
彼の祖父がこの島で住人にキリスト
教を捨てさせ、特産のりんごを品種改良
したので成功したのだそうだ。
墓を掘り返す許可を卿から得て、ハウイが夜に棺を掘り出すと中には
野うさぎの死体があるだけ。卿を問い詰めると「この島の祭りは君には
堪えられないものだろうから、帰ったほうがいい」と諭される。
写真屋でネガをあさると、昨年の感謝際の女王がローワンであることを知る。
昨年は凶作だったことも判明。翌日は五月祭の日。応援を呼ぶため本島に
帰る前に図書館でハウイは、この島の祭の内容を知る。凶作の年の祭礼
には人間の生贄が捧げられる。それはローワンに違いない!ところが港に
泊めておいた飛行艇は故障でエンジンがかからない。こうなれば一人で
ローワンを捜すまで。ハウイは島の家を一軒一軒調べだす、がやはり、
見つけられない。マクレガーの宿で小休止をとることにして、寝たふりをして
Wickerman_th_ver22
マクレガーを襲い、彼の衣装を奪う。マクレガー
の祭りでの役は「一日だけの王 愚か者のパンチ」
彼のふりをして行列に混ざり、そしてついに引き出
されたローワンを救い出す…が、逃げた先にはサ
マーアイル卿たちが待っていた。
「これでいい?」とローワン。「ああ、すこく上出来だ」と卿は彼女をほめる。
サマーアイル卿の本当の狙いは実は、ハウイだったのだ…
Wickerman_th_ver25





 作品の撮影は72年だけど公開までには紆余曲折があったそうで、なんだ
かんだで英国内での上映がかなわず配給側でアメリカでの先行公開をもくろみ
ロジャー・コーマンと接触。彼を通してワーナーに配給権がわたり、やっとこさ
ドライブインシアターでの上映となる。評価は高かったけど、それでおしまい。
英国内では、「赤い影」と二本立て上映のサブ作品として短めに再編集され
73年の末にようやく公開の運びとなったそうな。もともと出資もしてたクリスト
ファー・リーには残念な結果だったけど、後に監督のハーディ、製作者ピーター
・スネル(「赤い影」もやってた)、脚本のアンソニー・シェイファー(「フレンジー」
「探偵/スルース」 ピーター・シェイファーの双子の兄弟)とともに本作の復元に
乗り出す。みんな、すごい思い入れだ。が、保存してあったはずの未編集ネガ
も消失していた。ここでふたたびコーマン登場。彼の手元には第一編集版が
残っていたので、ここからコピーデュープをとり再度編集しアメリカで79年に
限定再公開。ここでやっと評価されるようになり、今に至るという伝説の作品。
最初に99分のエクステンデッド版を見て思ったのは、序盤とにかくテンポが
冴えなくてちょっとつらい。ハウイ巡査長の人物を説明するシーンとか、島に
渡るまでがなんか、まだ自分的には入り込めなかった。ハウイ巡査長が島に
着いて捜査開始しミス・ローズに会う辺りからやっとエンジンがかかってくる。
公開版はタイトルバックがまず、島に向かう飛行艇からの画になりずいぶんと
見やすくなっている。このほかにも宿屋のくだりがだいぶ整理してあったりして
公開版のほうがだいぶ見てる側になじみやすいと思う。
ポール・ジョヴァンニの音楽もいい出来。やはり全編通して歌が聞こえて
くるというのはスリラー映画としてはなんだか新鮮。スケベな画もちりばめて
あるし、出て来る歌がほとんど猥歌なのだがこの歌が物語の材料になっている
のに後から観客は気づくのだ。だから脚本は実はとてもよくできていると思う。
こんな作品が完成当初見捨てられていたとは何ともったいない。とはいえ、
日本での公開も98年なんだけど。
題名の「ウィッカーマン」は物語の最後に出て来る木製の大きな人形のこと。
Wickerman_th_ver30




これを見て、送り盆に行われる地元の行事「舟っこ流し」を思い出した。
レンタルでも置いてるところもあるらしいが、借りてきて損はしないと思うな。
やっぱり、怖いものにはお色気は欠かせないことを改めて認識した。
Wickerman_th_ver14


こんな感じで

めぐり合わせを考えると面白いのは、ブリット・エクランドは翌年「黄金銃を
持つ男」でまたクリストファー・リーと共演していること。知らない仲じゃない
わけだからさぁ。そして、このときの水着姿はなんと出産後の姿だという
ことにさらにびっくりしたのであった。
こないだニコラス・ケイジが主演したリメイク版が公開されていたけれど、
キャストの顔ぶれを見るとどんなもんなんだろうか?評価もいまいちらしいし。
日本ではビデオスルーの可能性が高いなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »