« April 2006 | Main | July 2006 »

May 20, 2006

映画館へ行こう” ホテル・ルワンダ編

 基本的には旧作のレビューをあげていきたい方針なのですが、
まぁ何でもありということで。先日、秋田の有楽座にピンク映画を見に
いったわけであるが、心中どこかで「これでいいのか?」と考えたことも
事実。そんで、たまたま見てみたいと思っていた「ホテル・ルワンダ」が
もう盛岡でクローズになるってんで慌てて見に行きました。

「ホテル・ルワンダ」という映画の存在は知っていたのですが、評価のわりに
いかんせん公開のめどが立たなかった。でも、04年アカデミー賞の主演
男優・助演女優・脚本の3部門ノミナーという、評価の高い作品が見られない
のはよろしくないなぁ、と思っていたらやっと今年公開の運びとなった。
この、公開までに至る過程がおもしろい。
詳細はこちらのミズキ・ユータ氏のブログへ。
わたし自身は、映画秘宝の記事でこちらの活動を知りました。結果は、今年の1月
についに日本公開。信ずれば道は開けるのですな。
物語自体は、94年にルワンダで発生した虐殺事件の実話を下敷きにしている。
この事件は当時、ちょっとニュースで聞いたことがあるけれど詳細は知らなかった。
でも関心はあったのでこうして映画となって、やっと詳細を知ることができました。
Hotelrwanda_bigposter











舞台は94年のルワンダ。首都キガリの高級ホテル「ミル・コリン」で雇われ支配人
を務めるポール・ルセサバギナ(ドン・チードル)は有能な支配人だった。争いを
好まない性分もあって、そのためのコネクションを大切にする男。しかし、ラジオは
フツ族のツチ族排除の蜂起を呼びかけ、市内では煽動されたフツ民兵がデモを
繰り返す状況。自身がフツなんだけど、ポールはいさかいを好まないもんだから
この状態に不安を覚える。妻のタチアナ(ソフィー・オコネドー)はツチなのだ。
Hotelrwanda3

ツチの血をひく自身の子ども達にも
害が及ぶのではないだろうか?
不穏な状況下で国連平和維持部隊の
オリバー大佐(ニック・ノルティ)は国内の
状況を報告。外国メディアのTVクルーが
それを取材している。ある日タチアナの兄夫婦が「フツがツチを
狩ろうとしている。すぐに出国しよう。合図は、「高い木を切れ」だ」
フツ民兵の友人から聞いたとポールに告げに来る。
が、監視下でそれはないだろうと思ったポールは兄夫婦をそのまま帰してしまう。
その夜帰宅したポール。家は真っ暗。中には焼討ちにあった近所の知人たちと
妻子が身を潜めていた。信頼できるフツはポールしか居ないのだ。そして、
大統領暗殺のニュースとともにラジオが「高い木を切れ」と告げた。
Hotelrwanda2

翌朝政府軍がポールの家にやってくる。
隠れていた人々は見つかり殺されそうに
なったけどポールが現ナマをばらまき
なんとかその場は助かる。でも、行き場の
無い彼らを保護するため、ポールたちは
ミル・コリンへ向かう。海外資本で、国連平和維持軍もいるここならうかつに
政府軍や民兵は手を出せない。義兄夫婦は行方がわからなくなった。
その娘たちも何としても保護したいポールは、最後まであらゆる手をつくす。
混乱するホテル、ミル・コリン。スタッフたちは訳がわからない。
ポールは従業員を集めて告げる。「ここではツチもフツも平等だ」
この一言で、疑心暗鬼になりかかっていた彼らは淡々と自分の仕事をこなす。
そうこうしているうちに避難民がミル・コリンに集まりだす。国連軍が来て、助けて
くれるに違いない。そう思っていたポールとオリバー大佐だったが、やっと来た
国連軍は国連関係者と外国人の退去を支援するためのもの。ホテルの本社派遣
の支配人はポールに鍵を渡して「あとはよろしく頼む」と告げ去っていった。ポール
たちは見捨てられたのだ。酒とカネと口八丁手八丁を頼りに、ポールの武器無き
戦いが始まってしまった…。
Hotelrwanda9





ミル・コリンの親会社サベナの社長役で、ジャン・レノが堂々とカメオ出演している。
とにかく一生懸命に家族とホテルに居る人々とを守ろうとするポールをドン・
チードルが熱演。このときには他に2本かけもちで撮影したそうで、その作業密度
を考えると頭が下がります。個人的にはドン・チードルというとなんか一歩引いた
芝居をしている人みたいなイメージが強いけど、そのキャラがここではかえって
生きていると思う。深刻な題材だしものすごい実在のキャラクターを熱演すると
ねばっこくなって見てられない場合が多いのだがここではしつこさがなくて好感が
もてる。
監督は「父の祈りを」でアカデミー脚本賞ノミナーのテリー・ジョージ。とことん
直球勝負で、もう少し演出にバリエーションが欲しい感はあるけれど、けれんみ
なくまとめてまずは及第点。どぎつい描写もあえて抑えて、この悲劇を解りやすく
描いている。ホアキン・フェニックスもテレビクルーの役で出てるけど、途中で
退去するのでもったいないなあ。ニック・ノルティの演技は熱い。平和維持軍は
本来護身のためだけにしか武器の使用は許されないのだけれど、ミル・コリンの
人々を守るために腹をすえて、部下ともども銃器を構える姿はかっこいい。
自分的には、劇中終盤に全員でミル・コリンを脱出する際にポールの部下
のデュベ(だったかな?)が玄関の鍵を閉めた後、
「また戻れますよね」 とぼそっと言うところでほろっときた。ホテルマンの鑑だ。

4月に事件発生後、3ヶ月たってツチの反政府軍がキガリに侵攻して事態はほぼ
収束。その間、ほんとうによくぞポール・ルセサバギナは不屈の戦いを繰り広げた
ことになる。脚色は抑えてあるのだろうけどホテルには何度も政府軍が侵入
してくる。そのつど、ポールはあらゆるコネを使いギリギリの所で追い返すのだ。
現実にはこのホテルから1286人が助かったのだ。驚異。虐殺の背景はおよそ
信じがたい。とことん異民族の間の紛争でないのだもの。ツチもフツも、何にも
違いはないのである。ただ単に、「顔つきが白人ぽいからあんたツチ。いかにも
土着の顔つきだからあんたフツ
」という感覚で分けられた民族なのだから。
もともとの宗主国ベルギーはこれでツチを優遇して、多数派のフツは被支配側
になっていたのが背景にあるとはいえ、こんな程度の民族支配はそりゃ頭に
くるとは思う。そんな背景で、フツによる虐殺は周到に準備されていたのだ。
劇中ちらちら登場するナタみたいな刀(マチューテ)は安物の刀で、切れ味は
悪かったそうだけどこれが大量に準備され、実際に使用された。むごい。
いきなり隣人が自分を殺しにくるなんて、考えられるだろうか?
一説には3ヶ月の間に100万人の人間が殺されてしまったとのこと。
そこらへんに死体が転がっているわけで、およそ現実には信じられないが
事実なのだ。そう思うと、何と自分はへなちょこな国に生きているんだかと
思ってしまった。
現在のルワンダは何とか復興途上にある。しかし、当然のごとくフツ・ツチという
人種区別は廃止され、この言葉は禁句となっているそうだ。
この映画、もっといろんな人に見て欲しいなぁ、とひさびさに素直に思った。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 05, 2006

映画館へ行こう

 仕事で秋田市に行くことが多いのだけれど、車で移動中にふと見つけて
とても気になっていた場所がある。映画館なのだけれど、貼ってあるポスター
がどうみても、ピンク映画なのだ。
いまどきピンク映画の専門館があるの?秋田に?と思うと急に興味津々。
しかも「次週上映」としてポスター出してあるのは一般映画。「東京大学
物語」だって。
ちなみにオイラの住む盛岡には現在ピンク映画を遣ってくれる小屋はない。
以前には三館ありました。日活ロマンポルノをやってた盛岡日活(のちに
当然のごとくなくなった)盛岡東映の二階部分を改造してこさえた東映パラス
(のちに洋画封切館になった。盛岡東映の閉鎖に伴い消滅)そして盛岡駅前
にあった「駅前地下」(駅前の再開発で入居していたビル自体がなくなった)
オイラは日活は行ったことあるけど、他でピンク映画見たことがなかった。
そう思うと関心はさらに高まった。これはいつか、一度は行って見なければ、と
決意。とはいってもそんな時間はなかなかありません。そうこうしてようやく
休みの日に、行って見ました。その名も「秋田有楽座
P1060088







そしてこのときの上映作品は「痴漢電車 人妻くねり開く
他二本。
Photo
上映予定表を見ると、3本立てで1本は60分で
どれも同じ。窓口で当日券を購入し入場。
古い映画館だし、こんな成人映画かけてるとこだから
椅子なんかボロいんだろな~、と思いつつ中に入ると
思いの外りっぱな椅子。キャパが250はある、広い
劇場だった。観客数は…3人。貸し切り状態。
最初にまず次週上映予定の一般映画「デコトラの鷹」の
予告編が上映ののちいよいよ本編スタート。「痴漢電車
 人妻くねり開く」の始まり始まり。

満員電車の中、OL・里佳が痴漢にあっている。なんだかんだしつつ里佳が絶頂に
達し、振り返ったその時、思わず彼女は驚愕の声を上げた。痴漢の男は里佳の
同僚・美穂(そんな説明ないぞ)と結婚した達夫だった。後日、里佳は美穂の家を
訪ね、達夫に痴漢されたことを告白するが美穂は当然信じない。ことの真贋を
確かめるべく、美穂は変装して達夫を尾行し、彼が通勤に使う電車に乗り込む
のだが、ここで彼女も痴漢に遭遇。すっかり気持ちよくなった美穂は痴漢に遭いた
さに電車に乗るようになる…というお約束いっぱいのお話。

このチープな、自主映画的な雰囲気がたまらんです。乗ってる電車が小田急
なのにカーブでは京王線になるようなツッコミどころもいっぱい。衣装は自前っ
ぽいし、こういうの見ると応援したくなる。達夫はおもちゃ会社勤務らしく、劇中
「たまごっち」をもじって「おさわりっち」という痴漢インタラクティブゲームが出て
きたりして、最近のトレンドを使っているのに関心した(当時)にしても、知ってる
俳優さん出てません。風間今日子、冴月汐、白井ゆかり他っていってもわからん。
配役なんてさっぱり。ピンクの女優なんて林由美香くらいしか知らないし。

場内がとにかく寒くて、我慢できなくて結局これだけ見て退場。ロビーではモギリの
おばちゃんと小屋主とおぼしき男性、それに近所のおっさんらしい人の3人で
ストーブたいて暖まっていた。このシャシン、家に帰ってから調べなおしすることに。
やってみたら勉強になりました。

 1年間に日本国内で封切られる映画の本数は洋画・邦画ともに350本くらい。
邦画350本のうち、ピンク映画は実は80本くらいあるんだそうな。AVから
93年にピンク映画に転じた林由美香は延べ400本ほどの出演作があるそうで、
年に30本以上の出演。鉄人だ。主演作「たまもの」は一般にも公開されてるし
NHK大阪製作のドラマ「日曜日は終わらない」でカンヌまで行っている。
05年6月に急死してしまったのは惜しまれる。さらにはピンク映画は
題名を変えて再公開することが多いのも初めて知った。実はこの「痴漢電車 人妻
くねり開く
」はもともとの題名は「痴漢電車 即乗りOKスケベ妻」という
のだったのね。しかも公開は97年。97年って…「たまごっち」はあくまで
「たまごっち」で、「祝ケータイかいつー!」とか「超じんせーエンジョイ!」じゃ
なかったことが判明。どひゃー。どうりで本編に携帯電話もろくに出てこなかった
わけだ、と納得。
やられっぱなしの今回、ピンク映画の世界の奥深さを知りました。
またいつか見に行こうっと。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | July 2006 »