« オリンピック torino2006 | Main | 3月になった »

February 20, 2006

torino2006 part2

 トリノ冬季オリンピックはいまだ開催中。
日本代表選手にいまだメダル獲得なし。残念がる人は多いだろうけど
こればかりは結果の問題だから、大騒ぎしなくてもいいと思う。

男子スピードスケート500mでは加藤が失敗して、伏兵及川が4位と大健闘
したけど、コーチもいない環境でのこの結果。えらい。しかも所属は「びっくり
ドンキー」だなんて、これもえらい。びっくりドンキーはもともと盛岡のハンバ
ーグ屋さんだったから親しみがわきますな、及川選手。「佑」で「ゆうや」って
読むの?名前。
伏兵といえば思い出すのがサラエボ大会の銀メダリスト、北沢。このときは
とにかく黒岩が絶対金メダル!と盛り上がってたのに結果は10位。誰も期待
してなかった北沢欣浩が銀メダル獲得して驚いたことったら。
彼の写真は受験のお守りとして人気が急浮上したとも言われる。
04_01
北沢選手の雄姿




他にこのサラエボ大会で思い出すのは女子フィギュアのカトリナ・ビットと
なんと言ってもアイスダンスのトービル・ディーン組の演技。
この人たちリレハンメル大会で代表復帰して、ビットはメダルにからま
なかったけど、トービル&ディーンは銅メダル獲得。エキシビションで
サラエボ大会での伝説的演技、「ボレロ」を演ってくれたのでそりゃもう
大騒ぎ。アイスダンスではいまだこのサラエボでの「ボレロ」を超えるもの
はたぶんないだろう、と思う。このときの演技でアーティスティックインプ
レッションが6.0フルゲージというのはいまだ伝説。
ユーゴ内戦で競技場は墓地になってしまったのが、世の無常を感じさせる
ところです。
この内戦を扱った映画「パーフェクト・サークル」は名作。

一日の実施競技数が少ないのか、いまだ日程は進行中。これといって
面白いネタがいまひとつ足りないのだけれど、いまんとこ個人的に
ウケたのは女子スノボクロスの決勝。ダントツのトップだったアメリカの
リンゼイ・ジャコベリスが途中でエアの技なぞ余裕ぶちかましてやってたら
ゴール直前に転倒してしまい、2位だったスイスのターニャ・フリーデンに
抜かれ結局2位になった。こういうのがないとつまんないよなぁ。
20060217_707_450
「AP通信によると、当初は観客へのアピール
であることを否定したジャコベリスだったが、
やがて、勝利を目前にして平静さを失った
かもしれないと認めた。「私の興奮を観客と
分かち合いたかった。失敗した。まあ、そんなこともある」 」

こういう選手は大好きです。
同じくアメリカのアイスダンス代表、タニス・ベルビン。(当然写真左)
21

こりゃまたべっぴんさん。公式サイトもあり。
身長も162cmくらいだそうなので、親しみもてます。
日本にも来たことあるらしい。
アイスダンスオリジナルのスタートリストを見ると、
最終滑走の24番目。
見たいけど…見られないなこりゃ。

|

« オリンピック torino2006 | Main | 3月になった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55867/8746898

Listed below are links to weblogs that reference torino2006 part2:

« オリンピック torino2006 | Main | 3月になった »