« 恍惚の悪魔 アカサヴァ | Main | torino2006 part2 »

February 15, 2006

オリンピック torino2006

 トリノオリンピックが始まり、夜は結局テレビで中継を見てるもんだから
映画はさっぱり見ていない。やっぱアルペン競技は面白い。滑降なんか
特に面白いと思う。
もともとオリンピックは好きなもんで、出来る限りリアルタイムで見るように
してはいるけれどもヨーロッパでの開催はリアルタイムで見るのはきつい
。 今回は開会式が日本時間の午前4時開始。競技になると時間は
早まるけれどもマイナス8時間の時差。つらいわこりゃ。なもんだから
子供のころはさっぱり見られなくて、あとからニュースで見たくらいだった
から、こんなすごいお祭りだってのに自分にシンクロしていないのが
くやしかったけど、大人になるとやっぱリアルタイムで見られるので
楽しい。
 今大会では「日本のメダル候補がいっぱい!」なんて騒がれた
スノーボードハーフパイプだけど、アメリカ勢との差にあぜん。成田
童夢と今井メロの兄妹はまったく同じに自滅してて、あきれてしまった。
原田雅彦の失格もはらひれはれほれ。

アメリカ勢、男子のショーン・ホワイトのすごさにはあきれた。
女子のほうはまだアメリカ勢に食い込もうとする欧州勢のせめぎあいが
見られて盛り上がった。でも、ハンナ・テッターなんかもう1回目の
ポイントで1位を決めていても2回目に手を抜かずさらに点数を上げて
くるんだから、脱帽。これは2位のグレッチェン・ブレイラーも同様で2回目
は技のすごさが段違い。なにもかもいっぱいいっぱいで、いきなり高難度の
技に挑みあっさり失敗して自滅する日本代表との、この差はなんなんだ。
とにかく失敗には厳しい採点システムなのもつらいけど、 もう経験値の
パラメーターがアメリカは桁が違うのだと納得。
 ダウンヒルはやっぱ好きな競技なので、今回も面白かった。
ラッセ・チュースとかオーモットとか、ヘルマン・マイヤーなんて古株の選手
がいっぱいいてうれしかったし、30番スタートのドゥヌリアが優勝ってのも
一人で勝手に盛り上がりました。
クロスカントリー女子スプリント(こんな競技知らんかった)の日本代表、
夏見円と福田修子が初の入賞。夏見円、個人的に応援してたので素直に
喜びました。福田修子もオーケーだ。やっぱ、競技の人気を上げるには
見やすい選手が一番です。
KFullNormal20060215067_l

ま、メダルメダルとマスコミが騒いでるもんだから
どうしたって期待はずれになるのは仕方ない。
素直に勝負を見て楽しみましょうよ。
変に日本選手ばっかりクローズアップしないでもっと競技を見せてくれ。

|

« 恍惚の悪魔 アカサヴァ | Main | torino2006 part2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55867/8680522

Listed below are links to weblogs that reference オリンピック torino2006:

« 恍惚の悪魔 アカサヴァ | Main | torino2006 part2 »