« 浦安への道 2 | Main | 閑話休題 »

January 21, 2006

浦安への道 3

 「れすとらん 北斎」はランドのワールドバザールの中なので、もともとさほどにぎやかに音は聞こえてこない所なのだけれど、ここの料飲フロアは2階にありシンデレラ城をかこむ広場がよく見える。

メニューを見ると、確かに「定食メニュー」ご飯物とうどん・そばのセットが主。
今回頼んだのはひれかつ丼とうどんのセット。1380円也。
実際出てきたものはいささか期待はずれではあったが、この空間でご飯物を食べるのは初めてなのでものすごい新鮮な感じがした。食べてる最中にパレードが始まった。にぎやかなパレードが遠目によく見える。音もかすかに
聞こえてくる。場所取りをしてルートを囲んでいる人の群れがよく見える。
こうして見るパレードはとても不思議だった。二次的に「夢と魔法」が楽しめる。

腹に物を入れたら少し調子が良くなったみたい。外に出てチュロスとコーヒーを買って食べた。ベンチに座っていると、スズメが寄ってくる。…スズメって人馴れしないのに寄ってきてじー、とこっちを見ている。チュロスをちぎって投げてやると一生懸命食べている。なんかけなげなので続けてまいてやると他のスズメも来た。一緒に寄ってきた鳩にはやるもんか。
 だいたい、鴨はランドにいたけど鳩はいなかったはず。これは居付かれると迷惑だぞ。

3時に合流するはずが、ツマとコドモはミクロアドベンチャーを見に行っててまた一人になる。仕方ないので、「バズライトイヤーのアストロブラスター」に並ぶ。いい年こいた男が一人でアトラクションに並ぶのは、変だよなぁ。
得点は28000点でした。家族と合流し、この日はあまり並ばないですむのをいいことにこの後もアトラクションを回る。

 予定では午後4時に出発だったのが、ムスメのお願いを聞いて2時間の遅延。
お土産など買って、お名残惜しいまま6時にランド出発。
川口インターを通過した頃はもう真っ暗。ドライバーの自分以外は皆寝ている。
上河内SAでまず休憩。きれいなSAです。
ここで餃子など買って、再び帰路に。夢と魔法の王国はどんどん遠ざかる。
国見SAで再度の休憩。
雪の舞う駐車場で、自販機のコーヒーを買った。本当に、夢と魔法の王国にいたのだとしみじみ実感した。
 目の前には雪の山。
 少しだけの、灯り。
 すごい寒さ。

 おなじ道の上にある場所なのに、この違いは驚異的だよなぁ。

盛岡にたどり着いたのは日付の変わる頃、12時ちょうどくらいでした。
体調は思いの外、問題なく終わった。今回のお出かけはえらく感傷的に
なってしまいました。ムスメは、「また夏休みにクルマで行こうね」と希望をのべている。
楽しかったらしい。運転手としては、体調が完全でなかった今回は不本意だった
ので、も少しあったかくなったらリベンジも考えたいと思っております。

|

« 浦安への道 2 | Main | 閑話休題 »

Comments

はぁぁ、おつかれさま。それなりに楽しまれたようで何より。
僕はまだ“シー”には行ったことがないので、ちょっとうらやましい。
娘さんの「また夏休みにクルマで行こうね」は泣かせますなあ。ウチは出来ることならクルマで移動したくない奴ばっかりで、困ったもんだ。

本日は東京も大雪で、午前中雪の中、ワイパーを立てにいってきました。

Posted by: ケイティ | January 22, 2006 at 01:31 AM

ケイティさん、いらっしゃいませです。
東京の雪は大変そうですね。こっちは相変わらず寒くて、天気がいいから
ってんで外に出した洗濯物が凍り付いてました。

今回は、体調を考えると思いのほか、しんどくはなかったですね。途中で
具合悪くなったらどうしよう、と真剣に心配してましたから。
コドモ達はナビの画面がおもしろかったらしく、片道6時間の道中も
飽きないで済んだようです。にしても、心配なのは車のこと。
春に車検が待ってますが足回りががたついてきてる気が…
来週は板金のため、入院の予定です。

Posted by: 最上屋 | January 22, 2006 at 10:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55867/8270049

Listed below are links to weblogs that reference 浦安への道 3:

« 浦安への道 2 | Main | 閑話休題 »