« 特捜班CI☆5 (The Professionals) | Main | 孤独な場所で »

November 13, 2005

またいろいろ考える

 タリウム事件、まとめサイトとか作られてますがまだ肝心の「高校一年生
の女子生徒」さんの処分が決まってないのに、まとめちゃうのもなんだか
なぁ、と思う。
タリウムって?と思って調べてみたら、これって元素のひとつなんだね。
元素記号はTl、番号は81、原子量は204.3833って、重いぞ。水銀とかと
同じくらいの物質ですな。天然にはほとんど存在しないそうですので、
娘が「母がタリウム中毒なのは知っていた」とか言っても、そこいら
にないもので簡単に中毒おこすわけないだろ。しかもタリウム中毒だっ
てわかるってことは、その症状に明るいわけだろ?なぜ知ってるのか
不思議に思われないと考えてたのか?思いの外考え足らずの娘。
高屈折レンズの製造過程で使うことがあったそうです。今は主に
殺鼠剤に用いられる。

このタリウム、かのグレアム・ヤングが精神病院から退院したのち就職
した先で事件を起こした際に使われている。
体内に入った場合、まず腹痛。四肢の麻痺症状・痙攣。頭髪が抜ける
。意欲低下・幻覚・情緒不安などなどなどなどの症状がみられるようだ。
お母さんも髪抜けちゃったのかな。
治療のためにはどうしてもこのタリウムを何かと結びつかせて体外に
排出する必要があるわけで、娘はプルシアンブルーとかで中和させて
いましたな。娘の日記ではタリウムを「小枝」とかの別名で記していた
けど、もともと語源がギリシア語の「緑の小枝」。
お母さんかなり肝機能・腎機能が低下してるはずだから急には中和
できないだろうし、どんな治療してるんだろ。

2ちゃんの板でのお約束は、

「科学部の女子高生で制服の上から白衣を着ている」
「雪城ほのかか?」

というやりとりとか、

「おれ昨日も1000mg入りの飲んだ」
「それタウリン」

という感じのが結構あって、面白かった。


そんなのがあったと思ったら、町田でまた高校1年生の女の子が
殺される事件発生。犯人は同じ高校に通う1年男子生徒。
この女の子、写真ではいい笑顔してるしテレビで見た映像でも
かわいい感じの子だった。
好きだったからって、思い込みで逆ギレするとは。
親も帰ってきた息子の姿見て変に思わなかったのか?

グレアム・ヤングの場合は捕まった際に己の空虚さを語り冷静に
自己分析をしていたけど、韮山高校一年の彼女はそういうことを
していないらしい。所詮パクリだということか。

|

« 特捜班CI☆5 (The Professionals) | Main | 孤独な場所で »

Comments

お久しぶりです、最上屋さん。
新聞なんかで読むと、タリウム事件の容疑者は「僕」と名乗ったり、本名で呼んでも「その人のことは知らない」「もういなくなった」などと供述しているそうですね。
この容疑者はどーも、グレアム・ヤングに詳しい事から見ても、犯罪史や犯罪心理学にも造詣が深いように見受けられます。何やら「解離性人格障害」でも装うことを狙っているような気がしますね。見え透いた欺瞞でしかなさそうだけど…。

Posted by: カゴメ | November 14, 2005 at 10:13 AM

>町田でまた高校1年生の女の子が殺される事件発生。

カゴメがこの事件で感じた憤懣は二つでした。
一つは、「なぜ、30分間も悲鳴や乱闘の音を耳にしながら、近所の人達は通報しなかったのか? 無関心・無分別に過ぎる」
二つ目は、「なぜ、こうも被害者の過去の映像を不思慮に流し続けるのか?被害者のプライバシーや遺族の心痛への配慮が無さ過ぎる。これは第三者による“暴行の継続”ではないのか?」ということでした。

Posted by: カゴメ | November 14, 2005 at 10:18 AM

カゴメさん、いらっしゃいませ。
タリウム事件の子は、鑑定留置が決定したようですが…
私としては、彼女がちゃんと彼女自身に戻ることが希望です。
かといって、同情する余地があるわけではないのですが。少なくとも、
グレアム・ヤングに傾倒しているのなら彼を見習って、自分という
人間を知って欲しいと思います。

町田の事件は、ご指摘の通りです。
周囲があまりに無関心なのはなぜなのか?発生時には扉に鍵はかかって
いなかったはずなのに。
またいつものように被害者側には立たないマスコミの姿勢は、疑問ですよね。
こういう扱いをするなら加害者側も同様に扱うのが筋だとは思うのですが…
だからといって、無分別に「目には目を」でもないと思うけど。
いずれにしろ、やりきれないことばかりです。

Posted by: 最上屋 | November 14, 2005 at 11:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55867/7078968

Listed below are links to weblogs that reference またいろいろ考える:

« 特捜班CI☆5 (The Professionals) | Main | 孤独な場所で »