« 「恐怖奇形人間」 at ミステリー映画祭 | Main | ラ・ジュテ »

October 18, 2005

映画祭

 「○○映画祭」なんて、名前のイベントはどれくらいあるんだろ?と先日、みちのくミステリー映画祭の上映を久々に見に行って、ふと考えた。ある意味、こういうイベントを個人的に企画して開催できたら結構楽しいかもしれない。んで、はたして自分の場合はってえと…

やっぱ、「第一回(ぽっきりの)禁じられた映画祭!」とでも名づけてやってみたいかも。そんじょそこらで気軽に上映できない作品のお祭りだ。
当然のごとく、「ヤリ逃げ」が基本なので、基本的には上映作品はすべてシークレット上映で、当日プログラムを発表する。そうしないと、横槍が入る。

問題は上映作品のセレクトだが、邦画の場合はそんなにネタには困らない。
まず、企画上映として円谷プロ特集!
ウルトラセブン第12話「遊星より愛をこめて」+怪奇大作戦第24話「狂鬼人間」のジョイント上映会。こりゃ目玉企画だ。
別々に上映してそれぞれ入場料取ってもいいかも。
ソフト化できないなら、上映会にしてはダメだろうか?
東宝映画特集として、「獣人雪男」「緯度0大作戦」「ノストラダムスの大予言」(未改訂版)。それと、「大怪獣バラン」かな。って、これじゃ浅草東宝のオール
ナイト上映。
タイトルだけだと、渋谷実の「気違い部落」もいいな。めったに見られないし。
内容は普通の喜劇的なストーリーなんだけどなぁ。いわゆる「キ○ガイ」は出てきません。
「唖侍 鬼一法眼」とかもいいかもしれない。以前DVDが出てましたが。

洋画では、「ハワード・ザ・ダック 暗黒魔王の陰謀」「密室の恐怖実験」
逮捕覚悟で「思春の森」あたりか?
でも、「密室の恐怖実験」は果たして外国ではどのように扱われているのでありましょう?

 うーん、今すぐ思いつく「ちょっと難あり」映画はこんなものでしょうか。
この企画にどなたか援助してくださいませんか?どんくらい動員できるか、ギャンブルですけど。

|

« 「恐怖奇形人間」 at ミステリー映画祭 | Main | ラ・ジュテ »

Comments

こんな映画祭あったら1万円でも見にゆきます。「狂鬼人間」はついこないだみたのですが、キケン度数1000%でドキドキする、とってもヨイTV映画でした。DVDが出ないので不思議に思っていた、「ハワード・ザ・ダック 」は
どこら辺がヤバイのでしょうか。「全体」が「ルーカス師匠」にとってヤバイ?

Posted by: ガットラー総統 | October 24, 2005 at 01:29 PM

総統閣下、お久しぶりです。
「ハワード・ザ・ダック」は、その出来のあまりのひどさゆえ
ルーカスにとっては「なかったことになっている」作品です。なので、
「DVD出したくない」らしいですね。
中古ビデオ屋では、捜せば結構手に入れやすい方ではありますね。
やっぱ、やってみたいですね。こんな映画祭。

Posted by: 最上屋 | October 25, 2005 at 07:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55867/6463850

Listed below are links to weblogs that reference 映画祭:

« 「恐怖奇形人間」 at ミステリー映画祭 | Main | ラ・ジュテ »