« そういえば選挙 | Main | ショーシャンクの空に見えるもの »

September 17, 2005

燃えろのど自慢

 今んとこ、どれから見ていいのか考え中です。ロバート・ワイズが
亡くなって、そういえば手元に「地球の静止する日」が買ってあるのを
思い出した。
「死霊の盆踊り」も買った。「花嫁吸血魔」も、ある。
「哀愁の花びら」も、買ってある。マーク・ロブソンつながりで、見ておいたが
いいとは思っている。それでいて、欲しいのは次々と思いつく。
つらつらとネットをやってると「あ、こんなのもあった」と思い込むともうだめで
ソフトが手に入るか調べている。欲しいのがどんどん増え、買ってばかり。
これらは、ちゃんと見よう。見よう。うん。このままじゃいけない。

とは言いつつ、最近のあれやこれや。


 日テレでまた「魔女の宅急便」を放映してたけど、このタイトルを
いい加減に読んだムスコは

「マッチョの宅急便」

と、発音していた。


 先日、うちのツマがあのNHKの「のど自慢」の予選に参加した。
予選、って言ってもまず出演するにはハガキで応募して、その段階の審査で
250組に絞られる。
この予選から、出演者は22組まで絞りこむのだ。
この予選、午後12時半から始まり審査は5時まで。審査員がいろいろと協議して
出場者決定の発表が午後6時。結構長丁場になる。
会場は本番の会場で、もう舞台上に装置が組んであった。ピロティでは
いろんなNHKグッズが販売されていて、「のど自慢」のオリジナル手ぬぐいを
夫婦で購入しました。民謡の部門と一般の歌謡曲の部門に組分けして
審査するのだけど、歌う順番は歌の題名の五十音順なので、何曲か同じ歌を
続けて聞くことになる。
この予選に参加すると、記念品でオリジナルのピンバッジをもらえる。

nodojiman




なにしろ4~5時間で250組の歌を聴くのだから、審査するのは大変だろうなぁ。
この予選の様子は本番同様、カメラさんがきっちりと撮影している。自分の
出番が終わると、この収録画像が20分ほど後にロビーのモニタに映されるから
自分の歌いっぷりを大画面のモニタで見ることができるのだそうだ。
5時に予選が終わると、6時の審査結果発表までの間に何をするかというと
担当ディレクターが舞台に上がり、場内をトークで盛り上げ
「これから結果発表まで、カラオケ大会をやらせていただきます!」
適当にメジャーな歌を決めておいて、歌いたいひとを自由参加させてカラオケ大会。
これが思いのほか盛り上がる。いろんな人がいるのに感心した。
派手な衣装の人、地味な人、若いの、年寄り。舞台上で歌いまくり。
みんな、楽しそうでほとんどお祭り状態。場内のこの空気は、すごいとしか
言えない。なんかうらやましい。

そして6時。いよいよ審査結果発表。
このときに会場内にいないと、合格していても失格扱い。整理番号が発表
されるたび、あちこちで歓声と拍手。番号が呼ばれた参加者は舞台に上がり
本番に向けて取材されるため、彼らが帰れるのは9時くらいになるらしい。
翌日の本番の集合時間は7時40分だって。12時15分の生放送まで、リハが
続くのだそうだ。みんな、頑張ってくれ。残念なことにツマは落選し22組に
残れなかった。
あの独特のお祭り空間を体験して、自分的にはとても面白かったです。

|

« そういえば選挙 | Main | ショーシャンクの空に見えるもの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55867/5990164

Listed below are links to weblogs that reference 燃えろのど自慢:

« そういえば選挙 | Main | ショーシャンクの空に見えるもの »