« こわーいの | Main | ことばのちから »

August 20, 2005

石井輝男

 石井輝男が亡くなった。81歳じゃなぁ、仕方ないかな。
石井輝男といえば、とにかく新東宝の名物監督みたいな人というのが
個人的に持っているイメージ。
新東宝時代はそれこそ成瀬の「おかあさん」の助監督とか、清水宏の
助監督を務めていたから文芸方面に行くのかと思ったら監督デビューは
「肉体女優殺し 五人の犯罪者」(またしても命名者は大蔵貢だ)
だって。未見だけど、キャスト見ると見たくなるなぁ。宇津井健、三ツ矢歌子
北令子、三原葉子(この人盛岡出身なのだな)、天知茂などなどだもの。
岡本喜八も、この人の場合も「いつものやつら」がノリノリの時期に出演
しているのが面白い。石井の場合は吉田輝雄とか浅見比呂志が新東宝
時代。東映時代だと大泉滉とか由利徹をコメディリリーフ的に起用してる。
吉田輝雄は石井作品の良心の要(唯一まともな人)になる人みたい。
それでこの人の偉いところは、脚本とか企画はともかくみんな評価は
一定していること。中川信夫なんかと同じくテレビの仕事もこなしている
けど、とにかくこの人の「エロ・グロ」の感覚がしっかり出ているところに
人気のゆえんがあるみたい。

しかし

お恥ずかしいことに

自分ぜんぜん石井監督の作品見てません。確か、「黒線地帯」を見てる
はずなのですが…。これはなかなかクールな出来の作品だったと思う。
ポルノ時代劇「忘八武士道」のビデオもあるけど、まだちゃんと見てない
(-_-;)もっと見ます。面白そうなの多いんだもん(特に新東宝時代)
こんな風に、作品にあわせていろいろな表現を使いわける人は職人タイプ
なんだけど、今はもう、こんなタイプの監督は絶滅状態。
晩年シリアス専門だった野村芳太郎ももともと喜劇の人だしなぁ。
今の日本映画は、そんなに元気じゃないと思います。

|

« こわーいの | Main | ことばのちから »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 石井輝男:

« こわーいの | Main | ことばのちから »