« July 2005 | Main | September 2005 »

August 24, 2005

東京ジョー

 以前、「コロンビア・トライスター フィルムノワールコレクション」というDVD
ボックスを見つけて、内容を見るとvol.1はハンフリー・ボガートの主演作5本で
vol.2がリタ・ヘイワースの「ギルダ」「上海から来た女」を含む5本。なにしろ
これが2004年いっぱいの限定販売ということで、結局悩んだあげくどちらも
手に入れてしまった。小林信彦が週刊誌のコラムで「これは欲しい」みたいな
ことを書いていたことも大きいが、当時の自分にとっては一大決心だったなぁ。
同時に発売されていたリタ・ヘイワース ミュージカルボックスもちょっと欲しか
ったけど、まぁ仕方ない。
限定販売だったのに、今年の10月からまた単品で売るらしいが(;゚д゚)ふたたび
年内限定だと…きつい商売してるわ。

しかーし、こんな感じで買ったDVDがたまるばかりで、これもさっぱり見てなかった
のでこれじゃイカン、ってんで見ました。「東京ジョー」。
昔からハンフリー・ボガートは好きだった。「三つ数えろ」「キー・ラーゴ」「マルタの
鷹」ではかっこいいし、「サブリナ」ではコメディも飄々とこなしている。
近代騎士物語の主人公、レイモンド・チャンドラーが創作したフィリップ・マーロウと
チャンドラーとともにハードボイルドの始祖にして双璧をなすダシール・ハメットの
生んだヒーロー、サム・スペイドの両方を演じているのだ。ハードボイルドのキャラを
とことん具現化した男、ボギー。
アカデミー賞も「アフリカの女王」で主演賞を獲っている。背が高くてスマートでは
ないし、決して男前というわけでもないけど、やっぱかっこいい。
「カサブランカ」も忘れちゃいけない、そんなボギーの「東京ジョー」。

戦後間もない東京に降り立ったジョー・バレット(ハンフリー・ボガート)。空軍に従軍
した彼は戦前銀座で「東京ジョー」というクラブを経営していた。かつて店のあった
銀座に行くと、店はまだ健在。店を友人のイトウに任せていたのだ。再会したイトウ
からジョーは別れた妻トリーナ(フローレンス・マリー)がまだ生きていることを知ら
される。しかし、彼女は再婚していた。イトウに紹介されたキムラ男爵(早川雪舟)
から、彼女の反米行為を知らされたジョーは、その過去を公にしない代わりに
男爵の依頼をうけ航空便の会社を興す。ある日、男爵から3人の男を韓国から
日本に運ぶよう依頼されるが、彼らは戦犯だった。このまま帰国させると政情を
脅かす存在になる。しかも男爵はトリーナの娘を誘拐して、ジョーが断れないように
仕向ける。一方、ジョーの行動を監視していた米軍は男爵の計画を察知し、これを
何としても阻止するためジョーに協力を求める。

 一応、東京でロケもしているけどボギーは来日してない。それっぽい後姿の
男が吸っていたタバコを捨てるとシケモク狙いがぱぱっと集まるのが時代性。
ボギーが「ギンザ、イッチョウメ」なんて車夫に告げるのが驚き。えらいぞボギー。
下手でも日本語を話している。ショーン・コネリーとはえらい違いだ。
店に着くと看板に「東京ヂヨー」って書いてある。中に入るとカンダという太目の
男が出迎える。それをジョー軽くいなしてイトウ登場。「昔は一緒に柔道やったろ」
とその場でいきなり柔道の組手をやりだすイトウとジョー。どう見てもただのコント。
イトウ役はテル・シマダ。「二度死ぬ」の大里社長だ!若い!
調べてみたら、この人「歩け走るな!」にも出てるのか。スタートレックのスールー
=ジョージ・タケイと共演してたとは。
カンダはモリ・ヒデオ。カンダはこのなんとなく油っこいキャラクターで印象に
残る。もう一人、ジョーの会社に雇われる元軍人の日本人、カミカゼの本名が
「カマクラ・ゴンジロウ・カゲマサ」って、いつの時代の名前だ。
早川雪舟の胡散臭さはとてもいい味。キムラ男爵のアジトを突き止めるため
ジョーが芝居を打つんだけどこのときもキムラの手下に「キミ、タスキテクレ」と
ちゃんと日本語を話す。終盤イトウを捜すときも「イトウサンハ?」と日本語を
話す。ボギー、いいぞ。ハンフリー・ボガートはたぶん、真面目な俳優だったの
だと私は確信しました。
みんなそこそこ真面目にやっているだけに、この内容で結果的ににはギャグ
になっちまうのがいちばんのポイント。
劇中、捕らえたキムラの部下を泳がしてトリーナの娘の居場所を突き止め
ようとするんだけど、ジョーと一緒に米軍の建物の2階から逃げるとき雨どい
使って下に降りようとして、手下が摑まったら雨どいが折れて棒高跳びの
失敗状態で下にたたきつけられ、死んでしまうくだりがあるがこれ、「8時だョ
全員集合」のコントみたい。イトウがハラキリして自害するし、日本への見方が
やはり変なところもあるけど、これくらいなら私は許すぞ。悪意も感じられないし。
でも、日本で未公開だったのは仕方ないかなぁ。これじゃ。

こうなると「東京暗黒街・竹の家」(サミュエル・フラー監督)も早くソフト化して
ほしい。発売予定が中止のまんまなんだもの。次はボギーの遺作「殴られる
男」を見よう。

本編とは関係ないけど、見ていて感じたこと。
いつからアメリカにとって日本はけったいな国になったのかなぁ。というか、
アメリカ人の正しい世界はいつからアメリカだけになったのだろうか。
この映画の劇中聞こえる日本語は特に変なところもないから、やはり他国の
文化に対して敬意を持っていた、かつてのアメリカ的高潔さが感じられる所が
ある。
現代のアメリカは、というと…。あまりにも大きな「困ったちゃん」かなぁ。
「アラバマ物語」で強姦罪で告発される黒人・トムを演じたブロック・ピーターズが
先日亡くなったが、何かこれも時代のメタファーじみた出来事。
アメリカ政府よ、もっと謙虚になりなさい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2005

ことばのちから

 たまたま、「妖怪人間ベム」にかかわるサイトをいろいろと眺めて
いたら、現在DVDソフトが発売されているのはいいけれど、なんと内容が
修正されていると知りかなり驚いた。
このアニメの製作は69年。リアルタイムで、熱心に見た覚えがあります。
人間になりたいと願う、3人の妖怪人間の物語。設定はよくできていたし
ストーリーは面白かった.もともと52回の放送予定が予算不足のため
半分の2クール・26回で終了になったが、熱心なファンの声に応えて2話
だけパート2が製作されている。どういった点が修正されているか、というと
あえてそのまま記すが、「キチガイ」とか「せむし男」とか「乞食」といった
言葉を問題にしているらしい。当時はそんなに気にはしなかったが。
「アパッチ野球軍」もこんな単語の連発。でも、これも面白かった。

個人的には、私は差別は許されないことだと思っている。
その当時は別に差別とか、そんな意識はないままその単語はあくまでも
その状態を表す独立した「記号」としてみんな使っていた言葉が、時間が
経って使っちゃだめということになる。というのはおかしいと思う。
むしろ、それは危険なのに現代はそんな危険な時代になりつつあるのかも。

自由に言葉を選んで使うことができない時代。

かつて「めっかち」「ちんば」が政見放送で使われて問題になったことが
あるけれど、古典落語などはこんな単語のオンパレード。「めくら」は
使えないもんで「めくら縞」なんて生地の名前も問題になる。生地に罪は
ないだろが。「バカチョン」もダメ!とされているけれど、この言葉の「バカ」
はともかく「チョン」は「、」のことだぞ。特定の民族を指す蔑称ではない。
「バカ」と同じような意味の言葉なのに、間違えられて「言ってはいけない
言葉」にされているのはおかしい。
公的な場所で特定の人々を蔑視する、邪悪な意図で使われる蔑称ならば
これは絶対に許されないと思うけれど、その意図がなくてもそれしか呼称
がないんじゃ、仕方ない部分はあると思う。むしろニュアンス的には表現が
難しくなるのでは?PC運動はギャグにしかならんよ。
私の父は若いときに事故にあい、右足に障害が残った。本人も家族も
特に深い考えはなく気楽に「びっこ」という言葉を使っていたし、周辺でも
気にはしていなかったような気がする。「差別」というものに変に神経質
なのは当事者でなく変な活動家のみなさんのようだ。「黒人差別をなくす
会」(どこが「会」だ!)なんかが典型。このご一家(会員は親子3人だけ)
のおかげで「ちびくろさんぼのおはなし」は絶版になり、カルピスの商標も
変更になったらしい。手塚治虫全集は一時入手困難になり、藤子不二雄
「ジャングル黒べえ」(これも面白かったけどなぁ)は闇に消された。
黒人のみなさんに感謝されたと言う話は聞かない。このご一家は純然たる
日本人だ。アフリカ系の帰化日本人でもなんでもない。
こういう活動に私は賛同するぞ。
確か、カルピスの商標をデザインしたのはドイツ人のデザイナーと聞いて
おります。差別的意図があったとは思えない。「ちびくろさんぼのおはなし」
の復刊は素直に歓迎しましょう。
メディアでも、矜持ってものを持とうよ。昔CMで桃井かおりが「バカが
多くて」とやったら抗議が来たとかで、文言が変えられたことがあるけど
抗議したのは3人だけだったとか。
映画でもきだみのる原作、渋谷実監督「気違い部落」という佳作があるけど
タイトル見ると絶対リバイバルできない。別に精神異常者の物語ではないのに。
勝手にレッテルを貼られた有名なのは、ウルトラセブン12話「遊星より愛をこめて」
スペル星人に小学館が「ひばく星人」とキャッチをつけたら、抗議が来た。
劇中、被爆者に対して触れる部分はまったくない。しかも作品上の問題でも
なんでもないのに現在「なかったこと」になっている。小学館のせい。

差別語を言い換えしたって意味に変わりはないのだから、あとは言葉にこめた
意思と受け取り方の問題になる。使うほうで意味のない優越感に必要もなく
ひたりたいのか、単なる個性の一つと取るかというところだし、受け取る側でも
蔑称とうけとるか気楽な表現とするか、そんな部分。これは状況次第。

うちの子がよく「ばかって言ったらじぶんがばか」と以前言ってました。しみじみ、
そうだよなぁと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2005

石井輝男

 石井輝男が亡くなった。81歳じゃなぁ、仕方ないかな。
石井輝男といえば、とにかく新東宝の名物監督みたいな人というのが
個人的に持っているイメージ。
新東宝時代はそれこそ成瀬の「おかあさん」の助監督とか、清水宏の
助監督を務めていたから文芸方面に行くのかと思ったら監督デビューは
「肉体女優殺し 五人の犯罪者」(またしても命名者は大蔵貢だ)
だって。未見だけど、キャスト見ると見たくなるなぁ。宇津井健、三ツ矢歌子
北令子、三原葉子(この人盛岡出身なのだな)、天知茂などなどだもの。
岡本喜八も、この人の場合も「いつものやつら」がノリノリの時期に出演
しているのが面白い。石井の場合は吉田輝雄とか浅見比呂志が新東宝
時代。東映時代だと大泉滉とか由利徹をコメディリリーフ的に起用してる。
吉田輝雄は石井作品の良心の要(唯一まともな人)になる人みたい。
それでこの人の偉いところは、脚本とか企画はともかくみんな評価は
一定していること。中川信夫なんかと同じくテレビの仕事もこなしている
けど、とにかくこの人の「エロ・グロ」の感覚がしっかり出ているところに
人気のゆえんがあるみたい。

しかし

お恥ずかしいことに

自分ぜんぜん石井監督の作品見てません。確か、「黒線地帯」を見てる
はずなのですが…。これはなかなかクールな出来の作品だったと思う。
ポルノ時代劇「忘八武士道」のビデオもあるけど、まだちゃんと見てない
(-_-;)もっと見ます。面白そうなの多いんだもん(特に新東宝時代)
こんな風に、作品にあわせていろいろな表現を使いわける人は職人タイプ
なんだけど、今はもう、こんなタイプの監督は絶滅状態。
晩年シリアス専門だった野村芳太郎ももともと喜劇の人だしなぁ。
今の日本映画は、そんなに元気じゃないと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2005

こわーいの

昔からテレビコマーシャルは好きで、ACCの入選作上映会なんかは結構
見に行っていたけど、最近のCMはあきまへんな。つまんない。
CMは、ちなみにコマーシャルメッセージの略である。
んで、たまたまぶらぶらとネットをしてたら、えらく怖いのを発見。
こんなのが日曜の朝から放送されてんじゃ、気分はブルーにもなるわな。
これの実際の映像がいまだ出てこないのが、伝説度を加速させてるよな。
内容も内容だし。

これがそれだ

これを夜中に一人で見てからというもの、夜トイレに起きるのが難儀で…

他のこわいCMは、伝説なのは「キッチンマザー」と「あよね」というのも
初めて知りました。

キッチンマザーはこれ
あよね は実際に見てたしそんなん怖いとは思わなかったなぁ。
キッチンマザー は、こんな直截なCM怖いと言うよりか、処理に困る。
とにかく、それよりも夜のトイレが問題な今日この頃でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2005

夏は 海

 岩手県の海は、過酷である。
というか、盛岡から海は遠い。大船渡とか陸前高田とかのあたりまで遠征して
海で遊ぼうなんて企むと、陸路で2から3時間。しかも、太平洋側は水が冷たい。
盆を過ぎると波も高くなり、岩手の海はもう秋の気配である。
しかし、日本海側に出るとまだ海は遊べる。秋田の海は遠浅だし、海水が暖かい
のでまだまだこれから海水浴も十分可能。
てなわけで、秋田まで海遊びするのに泊りがけで出かけるということになり
カブトムシたちとは別れの時がやってきた。面倒をみるのをさぼることになり
かわいそうだし、夜な夜なばさばさと羽ばたき夜の空を飛びたいと思っていた
らしいし、これを機会に放すことにした。
海に出かけるその当日の朝、ムスコと二人で近所の大学の構内の植物園まで
行った。そこは昔、おいらが少年だった頃よく遊んだ場所だったのだ。
ひさびさに行ってみて驚いた。だいぶきれいになっている。遊歩道まで整備
されていた。
なんだか不安にはなったが、そんなことはかまっていられない。
ナラかクヌギとおぼしき広葉樹をみつけて、ケースからカブトムシを取り出し
ひょいと幹につかまらせてやる。これでもう、こいつらは自由の身。
P1030039

ムスコは気にかけていたけど、まあたぶん大丈夫だろうと思う。
空になった飼育ケースはまだそのまま、マットもいれっぱなしになっている。
なんかさびしい。元気でいるかなぁ。

最近のいろいろ
・ドラマ版電車男を初めて見た。役者の演技がくさすぎ。演出がへたなのだな。
 あと、ドラマではあの掲示板の空気が読めてない。再現できてないと思う。
 ELOの Twilight とサンボマスターの主題歌はいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »