« June 2005 | Main | August 2005 »

July 29, 2005

大蔵映画

 個人的には、映画ってまだ芸術としての完成度は絵画とか、演劇とかに
比べるとまだ低いんじゃないかと思っています。
だから、我々一般人の欲するエロ・グロ・ナンセンスへの欲求に対しての
はけ口としての価値はまだまだ高いのでは。クリムトがほとんど春画みたいな
のを描いていた時代から比べると、テクノロジーは進歩している。
その昔、大蔵映画という映画会社があって、社長の大蔵貢はもともと弁士だった
人。東宝で労働争議を起こしたあげく、東宝を離れた人々が1947年興したのが
新東宝という映画会社で、これが1961年に倒産。1955年よりこの会社の社長の座
にあったのが大蔵貢。
新東宝といやあ、「スーパージャイアンツ」なんてすごいの作ってたりしてたけど
基本的には文芸作品が印象に強い。溝口の「西鶴一代女」とか成瀬の「おかあさ
ん」なんかが代表格。
スーパージャイアンツ、何がすごいって宇津井健のもっこり姿とか、この宇津井健
演じる主人公ってまずなぜか幼稚園とかに居つく。ダブルのストライプ柄の背広
着てる奴がオルガン弾いて子供と歌ってるのって、なんだかなぁ。
悪役は思い切り江戸弁口調で、なんか下町風になるところがほのぼの。
ほかにも石井輝夫の「地帯(ライン)シリーズ」とか、中川信夫の「地獄」を頂点と
する怪奇映画のあれやこれや。
中川の「地獄」はぜひ見たい。池内淳子の「花嫁吸血魔」(本人がいやいやながら
特殊メイクしているとの話。本人のキャリアの汚点らしい)も再びDVDになるし。
ああ、またろくでもないコレクションが増えそう。
この「花嫁吸血魔」なんてタイトルみんな一人で考えていたのが大蔵貢。この人の
考えてたすごいコピーは、いっぱい出て来る。
「憲兵とバラバラ死美人」くらいならまだいいけど「九十九本目の生娘」(ほんとは
「九十九本目の妖刀」なんだけど、なぜこうなる)「蛇精の淫」 「女体桟橋」 
「裸女と殺人迷路」 「貞操の嵐」(なんじゃこりゃ) 「黒い乳房」などなど
配給した洋画の邦題も「姦婦の生き埋葬」とか「性本能と原爆戦」とか。
「沖縄怪談逆さ吊り幽霊 支那怪談死棺破り」のように2本に見えて
1本の映画なんて、すごいアイデアもあって感動的。
こういう変な映画を選んで人に見せたがる高橋克彦もどうかと思うぞ。
「からっ風野郎」(主演 三島由紀夫)とか。←これは新東宝とか大蔵ではない
高倉みゆきという女優がいたけど、この人について
「女優を妾にしたのではない。妾を女優にした」
なんて名言もある。大蔵は偉大な人だ。

先ごろ大蔵映画の怪談映画が何本かDVDになって、このうち「沖縄怪談…」
と「生首情痴事件」は見た。「沖縄怪談…」は実は一部フィルムが欠損して
いるので微妙に話がつながらない部分がある。
「生首情痴事件」は妻の財産目当てで結婚した男が妻に睡眠薬を飲ませて
鉄道自殺に見せかけて殺害。だけど首がみつからないまま、その首が
幽霊になってたたり、男の愛人が顔にやけどを負う。さらにこの財産目当てで
組んだ医者と看護婦も、みなたたられ死んでいく物語。
ピンク映画と怪談映画の融合は、枯れたすけべごころをそよっと刺激して
くれます。「怪談バラバラ幽霊」もいずれ手に入れたいし、「怪談異人幽霊」も
ソフト化してほしいなぁ。この4本だけがこの辺りじゃ現存してるんだし。
結局、「死霊の盆踊り」は購入してしまった。「花嫁吸血魔」もたぶん
買ってしまうだろうなぁ、ああ。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

July 24, 2005

自転車

 新しく仕事に就いて、足にするために折りたたみ自転車を買った。
新しい職場は盛岡駅前の、とあるビルの8階にある。
盛岡の駅前は自転車を置いておくと勝手に撤去されてしまうことも
多い(自転車の放置禁止区域なのだ)ので、折りたたみの自転車だと
建物にそのまま入って、事務所までエレベータで上がって部屋にそのまま
置いておけばいいと思ったのだ。で、実際にどんなのを買おうかと物色し
始めたら、これが思いの外ぴたっと自分の欲しいのにハマるのがない。
タイヤは20くらいで、できればショックつきのをと思ってたらこれが、ない。
まさかプジョーの高い奴買いたくもないし、どうしようかと思ってたら
事務所のすぐ近所の自転車屋に気になる奴が飾ってあった。
色はいいし、見るとシャフトドライブ式でパンツの裾をかみこむ心配もない。
内装変速つきだし、ショックなしでハンドルとかちと安めだけどこれなら合格点。
税込で¥34,500か…。さっそくネットで検索。
ものは丸石の自転車で、正確に言うと滋賀丸石自転車の製品。丸石は
こないだつぶれて営業譲渡したのだった。…ない。
通販専門の自転車屋には、ない。現行型できちんと生産してるのに。
 結局、最初に見た近所の自転車屋で買った。LEDライトとか丈夫そうな錠を
まとめてつけてもらって総額¥37,000なり。案外高いけど、仕方ない。
 で、実際に使い始めてみると、面白いのは周囲の反応。
とにかくこの自転車を気にするのは自分よりやや年上の男性ばっかり。
エレベータなんかに持ち込んで乗ると「いいですねぇ、これ」
帰るとき、入り口の前でたたんだ状態から戻すのだけどこれをじーっと
見てて「いいですねぇこれ、いくらするんですか?」というおじさんなどなどjitensha

なぜか女性には声をかけられたことはない。
この自転車、不思議に男心をくすぐる自転車らしい。思うに、
実はおじさん、みんな折りたたみ自転車がけっこう欲しいのだ。
気持ちはわかる。おれだって買って乗ってるぞ。
考えてみればそんなに高い買物ではないのだけど、何が男を躊躇させるのであろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2005

藪の中

 先日、自分は未見のものなのだが、とある演劇の公演をめぐる評を
複数目にする機会があった。んで、思ったのはそれぞれの観点ってのは
あるんだろうけど、なんか今の若い人たちはなんだか危険な感じがした。
危なっかしい、という意味で。こいつアブねぇ!という意味でなく。

 ワカモノどもの一部であるが、「感動した」「泣けた」みたいな評価をある
サイトにカキコしてあるのをまず目にしたのだが、何日かのちに別のサイト
でみた評は「時間と金を返せ」みたいな、きわめて厳しい評価。
何でこんなに、同じ芝居に対して評価が異なるのか?
 でも、自分的に思うのだが、最近のワカモノは極端に言えば不勉強。ものを
知らな過ぎ。事象に対しての感覚とか考え方というのはそれに対峙した人の
人数分だけ存在するはずなのだけど、ある意味気味悪いのはおなじ感じ方の
人だけで群れをなすような、大学の仲良しサークル的な段階でその展開が
終わっているみたいに見えること。対論・反論にはたたかうわけでもない。
昔、オイラがワカモノだった頃は芝居とか映画の話であーでもないこーでもない
と論戦をシラフだろうが飲んでべろべろだろうが、展開して方向を模索した
ものだがいまどきのワカモノはどうもそうではないらしい。現代は便利なもんで
こんなブログのように簡単に自分を発信するメディアをもつことができる。
そのぶん、そのエリアでもう自分に酔っているようなやつが増えているみたい。
オトナとか権威に対しての挑戦意識なんてものは、軽やか過ぎて感じられない。
みんな自分を天才だと思ってるのかなぁ、とも感じられるのだ。
自分を発信するのなら、もっと蓄積を作るべきだとワタクシ的には思います。
いろんなものを見て、聞いて、感じて、笑って、泣いて、怒って、憎んで、愛して
攻めて、守って、走って、歩いて、ときには立ち止まり、とにかくいろんなことを
経験して、そうしたうえで自分を発信してほしい。
と、おじさんとして思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2005

梅雨明けは、まだ?

 昨日が31℃。今日もたぶん30℃オーバー。暑いです。
カブトムシはしばらくおとなしくしてたと思ったら、突如オスがケースの中で
バサバサ羽ばたいて大騒ぎ。エサのゼリーはどうもパイン味がお気に入り
らしいです。違う味だと怒るのか?とりあえずパイン味(なのに赤い)を
入れてやったらおとなしく食べていた。メスの方はというとぜんぜんマットの
外に出てこなかったのにとうとう出てきて、早朝4時ごろからバサバサと
大騒ぎ。オスはおろおろ。ゼリーの新しいのを入れたらよく食べる。午前
9時ごろになってもまだ食べている。12時過ぎても食べている。…いつまで
食ってんだ、こいつ。昨日の午後にマットを入れ替えしたけど、このときも
ゼリーの容器に頭を突っ込んだまま食べてるので、そのまま別のケースに
一旦移動。あらかた食ってしまったので、新しいゼリーとともに本来のケースに
戻したけどそれでもまだ食べている。結局夕方まで食べていました。
見てて面白いのは、このメスの方はゼリー食べながら楽しそうにリズム
刻んで、足を動かしていたこと。うちの奥さん、微動だにせずゼリー食べる
メスカブト見て「死んでない?」と気にしていた。朝になるとばさばさにぎやかに
動いてるんですが、他のブリーダーさんはどんなんなのでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2005

緑色のドアの向こう側

 1957年1月12日付ビルボードトップ40の第2位に、ジム・ロウの
The Green Door という曲がランクインしている。前年にランク1位も
獲得していて、そのまま年を越えて長期ランクインしているのが時代を
感じるところだけど、自分みたく見境なく映画観てると「グリーンドア」と
いえば、いわゆる洋ピン。でも、この原題 Behind The Green Door は
おそらくこのジム・ロウのヒット曲をもじってるんだろうなあ。

 アメリカは、自由の国(な、らしい)なのだけれど映画の世界ではポルノ
と一般映画の世界はほどんど隔絶していて、一般のスターがハードコア
ポルノに出演することはないし(当たり前)、ポルノ映画のスターとかスタッフが
一般映画のメジャーになるような、アメリカンドリーム的展開もまずない。
自分的には、ポルノ出身のスタッフでさえも一般映画に転向できない、あるいは
転向しても評価されづらいというのがちょっと不思議。アメリカはチャンスの国
だろ?と思うのに。それでもやはり、ポルノ映画の市場はかなり大きいらしい。
先日、ウオーターゲート事件の情報提供者「ディープスロート」が判明し大
ニュースになったけど、この「ディープスロート」は1972年当時ヒットしたハード
コア映画 Deep Throat のもじり。主演はリンダ・ラヴレイス。というのは知ってた
けど、このウオーターゲート事件の件で思い出して見てみたくなった。で、観て
みた。字幕なしの本国版だったからちょっと大変だったけど、物語はえっちしても
あまり気持良くならないリンダが(役名もリンダ・ラヴレイス)ドクター(ハリー・
リームス 有名なポルノ男優)に相談したら喉の奥に感じる場所があるのが
判明。彼女はそれ以降豪快な口技に励むようになる、みたいなきわめて簡単な
もの。発射するときロケット発射とか花火のカットインが入るのがパロディぽくて
笑ってしまった。この映画、のべ6億ドルの興行収入に300万本のビデオ売上
だそうで、こりゃもう立派な大ヒット作品。おかげでスターになったリンダは
レッド・ツェッペリンのライブでMCなどしてたりする。
実際には当時結婚していたチャック・トレイナーに脅されてポルノに出演した
そうで、劇中披露する口技はボールペンとかから始めて喉の奥までものが
入ってもオエっとならないよう訓練したものだそうな。
1973年に離婚。彼は後に「グリーンドア」主演のマリリン・チェンバースと再婚。
なんかつながりうまくないけど、この「グリーンドア」も「ディープ・スロート」と共に
ポルノ映画の古典と呼ばれて久しいもの。マリリン・チェンバースはもともと
モデルの人で、アイボリーソープのキャラクターとして当時もはやそこそこ有名
だったのに、いきなり1972年に主演したハードコアが「グリーンドア」。
この映画を製作したミッチェル兄弟はもともと大学で自主映画製作に励み、
行き着いたところが「作品のインパクトを強くするにはセックスが一番」ということ
になったらしく、(作った映画で金儲けするにはポルノが手っ取り早い)自前で
劇場まで持つ。この「グリーンドア」の大ヒットで金持ちになった彼らは、後に
酒とクスリにハマり、ビデオの普及で凋落し、兄は弟を射殺までしちゃう。
この兄弟の物語を映画化したのが「キングオブポルノ」(ひでー邦題)
主演は実の兄弟、エミリオ・エステベスとチャーリー・シーン。まだ見てない。
今度見よう。
「ブギーナイツ」もこの時期のハードコア業界の裏話的物語で、長いけど佳作。
主人公のモデルになったジョン・ホームズは1981年に4人が殺された「ワンダー
ランド事件」の関与が疑われ、88年エイズで亡くなる。
このワンダーランド事件も映画のネタになってて、「ワンダーランド」の題名で
映画化されている。ジョン・ホームズ役はヴァル・キルマー。この事件をめぐる
「羅生門」みたいなお話だそうで、今度見てみたい。
リンダ・ラヴレイスは何本かハードコア出演の後、反ポルノ活動の先頭に立ち
2002年4月交通事故で亡くなる。「リンダ・ラヴレイスを大統領に」なんて
2ちゃん的ムーブメントもあったな。本名はリンダ・ボアマン。ボアマンって、
つまんないひと、ってことなんだけど。
マリリン・チェンバースは1984年に一度引退して
1999年またハードコア業界に復帰。無茶だ。現在、御年53歳です。
1977年にデビッド・クローネンバーグ作品「ラビッド」に主演もしている。
SFホラーらしいけど、これまた未見。
トレーシー・ローズなんかはハードコアから一般映画へ進出できた数少ない
ひとだけど、こういう濃い経歴のひとたちが一般の映画には更正しても
出られないのが実情。題材にはされるのにねぇ。
リンダ・ラヴレイスの伝記がコートニー・ラブ主演で映画化とのこと。
自分的にはハードコアの監督がたまたま撮った作品がアカデミー賞候補になる
なんて人情話的な物語を考えたけど、脚本にはできんなぁ。英語では。

ショウビズは、なんか複雑。緑色のドアの向こう側では楽しそうな歌が…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2005

ハズレッ!

 どうしても欲しかった「マイラ」のDVDがやっと届いた。
ラクェル・ウェルチの好きな私にとっては、現在「三銃士」とか
この「マイラ」の日本版が出てほしいのに、まあ、出ないだろうなぁ。
届いたはいいけど、まだ観てないんですが。パッケージ見たら、
監督のマイケル・サーンのオーディオコメンタリーがついている。
それはすごい。けど、早く日本版出してほしい。「ジョアンナ」と
ツインパックにしてほしいなぁ。ツインパックといえば、先日手に入れた
「地球最後の男+人類SOS」の一枚ものDVD、画質が悪くてなぁ…。
この「マイラ」といっしょに買った、葉山レイコ主演の「intimacy」とかいう
DVDは、…金返せ。いっぱい食わされた。
にしても、もうすぐ「死霊の盆踊り」が出るってんだから、時代は変わった。

こうしてみると、我がDVDコレクションは思いの外価値が低いものがけっこう
ありそう。「死霊の盆踊り」も買うとさらに下がるかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2005

スイスイスーダララッタ

 サラリーマンは、気楽な家業と、きたもんだ
なんて歌われたのも今は昔。最近はあまり気楽とは言えんなぁ。
なにしろ、思いの外経費がかかる。スーツなんか自前でこさえるんだ
もん。スーツって、ちょっと見て「いいなぁ」と思うとやっぱ値段も
スバラシイ。今の私にはそんな初期投資をする余裕などないの
だが、それでも一種の消耗品だから今回一着新調しました。
ひさびさのブランド品。先日、直接行って決めてきました。先週末
お直しあがりで、受け取り。月曜日に着ようと思ったら、…パンツの
ウエストがゆるい。と思ってたら、別のスーツのパンツも破損が
あった。戻ってくるのは、お直しが土曜日。破損の修理は来週の
火曜日。…今週は、1着のスーツを着たきりすずめ。とほほ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2005

コンプライアンス、だっけ?

 まぁ、最近とみに聞く言葉。単純に法令順守のことなんだけど
個人情報の保護やらなにやら、ごっちゃになっているみたいな
気がします。平たく言うと本来は、たとえば業務で車を運転してて
スピード違反とかしちゃだめ!とか競争相手をけおとすのにヤバイ
ことはしないようにしよう!みたいなこと。なんだけど、そういう観点
では勤め人のワタクシがこうやってブログに、
「今日こんなことがあって、いやもう大変だった」
みたいなことをアップすると問題になる場合がある。うかつな情報は
公開しないように、と事例を挙げて教えるリーフレットを本社から
もらった。とはいっても、仕事にそんなに傾注してないんですけど。
個人的に意識改革が必要かもしれません。

 カブトムシはとうとうオスが羽化した。けど、穴から出てこない。
とってもきれいな色なのだけれど、穴の中に入ったまま外に出ない
からその全容がまだ見えないのが残念。今日でもう丸2日こもったまま
だから、そろそろ強制収用の必要がある。と思ってたらメスも脱皮し
成虫になろうとしている。脱皮しているカブトの姿を初めて見ました。
これのおかげで、強制収用はいつになったらやったらいいのか…。P1030017

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2005

7月になった

 なったけど、こないだ書き込みしたFTTHの話はなんか、自分でも
いまいち食い足りない感じになってしまった。だめだよなぁ。
とにかく、もっと契約とかわかりやすくしようよ、ニフティ。あれじゃ
ホントにわからない。だいたい、なんでいちいち契約コースを光とか
無制限とか分けてるの?全部一律にしたほうが解りやすいと思うぞ。

 そんなわけで、買い込んだDVDは溜まる一方です。ちなみに買っておいて
まだ観ていないのは「コロンビア・トライスターフィルムノワール傑作選」とか
(1と2のどちらもまだ、手付かず)パゾリーニの生の三部作DVDBOXとか、
(きちんと観てない)ラクェル・ウェルチ見たさに買った「女ガンマン 皆殺しの
メロディ」とか「ロマン・ポランスキーの吸血鬼」観てシャロン・テートが気に
入ったもんで買った「哀愁の花びら」とか、この関連で「ワイルド・パーティー」
とか、安売りしてたものでつい買った「地球の静止する日」「地球の危機」とか、
…他にもあったな、確か。
そんでこれからまた欲しくなるのは「死霊の盆踊り」がとうとう発売だし、ラドリー
・メツガーの「イマージュ」の日本版とかがあるけど、うーん… やはり買うか…。
そういや山中貞雄のBOXも欲しかったのに買ってない。どうしよ。
奥さんからは「いいかげんにしなさい」と言われてるから置く場所にも気をつけ
なくてはならない。人生は戦いだ。

 あ、そうだ「ロマン・ポランスキーの吸血鬼」観てるじゃん、おれ。
先ごろ「戦場のピアニスト」でアカデミー賞監督賞を受賞したポランスキー。
彼がなんと自身で監督し主演している、コメディの佳作です。
とにかく、シャロン・テートがかわいい。こればかりじゃないけど、もともと
吸血鬼の映画のパロディ要素がいっぱい詰まっていて、とにかく明るい
吸血鬼映画になってます。ポランスキーの役どころは吸血鬼の研究のため
諸国を旅する偉い先生の助手で、その彼が一目ぼれする宿屋の娘が
シャロン・テート。この一人娘が吸血鬼にさらわれ、これをなんとか助け出そう
とするのが主な物語。きちんとオチもついてます。

この後の彼らの物語は、なんと言っていいのやら。
シャロン・テートはポランスキーの子供を身ごもってまま惨殺されてしまう。
ときに1969年8月9日。ポランスキーはこのとき撮影のためヨーロッパへ
滞在中だったので難を逃れた。けれど後の1977年、彼は当時13歳の
少女に睡眠薬を与えレイプし、この評決直前にアメリカから出国している。
役者としてもポランスキーは結構おもしろいキャラクターなのは
「チャイナタウン」を観ても感じるところです。なのに、なぁ。
この咎のため彼はアメリカに入国できない。逮捕されるから。

今回、こんなのも見つけた
占いで解説できるのか?これ
もひとつ、こんなのもありました。
時間はいろいろな示唆を与えてくれるものらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« June 2005 | Main | August 2005 »