« お疲れ様、について考える | Main | ただのすけべのおはなし »

May 28, 2005

幻の湖 

 「幻の湖」って何?と思った。その昔、まだニフティがパソコン通信主体のネットワークだったころ趣味の同人の寄り合いのスペースとして「フォーラム」というのがあって(今もあるけど)この日本映画フォーラムの中で、何故か
独立して会議室が設けられていた映画が二本。それが「幻の湖」と「ミスタージャイアンツ・勝利の旗」だった。「勝利の旗」の方は、長嶋茂雄主演だし読売ジャイアンツの翼賛映画なのはすぐ見当がついたが(だいたいこういうのはご都合主義がすばらしく展開している)「幻の湖」はどういう作品だったのか全く知らなかった。公開は1982年だから、自分的にはとにかく洋画にハマっていた頃なので意識してなかったし。この会議室の発言を見ると、何かすごい映画らしいというのはわかったけど、見る機会がない。オールナイト上映も田舎にはないし。
監督・脚本は橋本忍。黒澤作品(七人の侍 など)の脚本に参加し、この作品の直前には「八甲田山」「砂の器」とヒット作を連発していた大脚本家。そして、彼が満を持して製作した作品がこれ。東宝創立50周年記念作品のひとつである。
これだけ見ると、「傑作なのか?」と思ってしまうが、この作品なんと一週間で公開が打ち切りになっている。記念製作だということを考えるとこれは異例中の異例。これじゃ記憶にないはずだわ。鳴り物入りで公開したのにか
なりの不入りだったのは、これで明白。かなりつまらん作品だったのに違いない。「極楽テレビ」並か?そうなると是非見てみたい。しかし見る機会はないだろなぁ、と思っていたら、これがDVD化された。どうせレンタルになるこたぁないだろうから、東宝のDVDは高いけど奮発して買って、ついに「幻の湖」に対面することとなった。そして見て、唖然とした。
こりゃ伝説になるわけだわ。期待通りでした。

 始まりの舞台は現代の、雄琴。琵琶湖のほとりの、今で言うソープ街。今でもソープ街。ソープランド、当時は「トルコ風呂」と言ったのよね。尾坂道子(南條玲子)は「湖の城」という店のトルコ嬢。源氏名は「お市」。
休みの日とか、オフのときは琵琶湖の周りで愛犬シロ(ラウンドウェイ・KT・ジョニー号)とランニングに励む(ジョギングではない)
手短に物語をまとめると、このシロが殺され、道子が仇をとるまでのおはなし。
なんだけど…劇中のエピソードが…。
まず序盤、同僚のローザ(デビ・カムダ)が道子のトレーニングに付き合い出かけるくだり。ジェット機の音を聞いて、「あれはファントムではない、イーグルだ。イーグルはすでに実戦配備されている」
とローザの独白が入るあたりから、見てるこっちは大変なものを摑んでしまった、と思うようになる。
宇宙パルサーの研究者、長尾正信(隆大介)との出会い。
彼が吹く笛の由来をめぐるエピソードは、キャストが宮口精二大滝秀治関根恵子北大路欣也星野知子と豪華。…んで、このつながりは、何をどうしたかったのだ?
シロを死なせた(出刃の背で殴り殺した)犯人、売れっ子作曲家の日夏圭介(光田昌弘)を突きとめ待ち伏せする道子。…ランニング勝負を挑む。はぁ?
駒沢オリンピック公園でちぎられ、道子敗北。…そんなにへこむことかなぁ。
だいたい、日夏の情報を仕入れる先が東京で再就職したローザからなのだがこの女の仕事は、何だ?スパイなのか?
道子は雄琴に戻り、銀行員の倉田(長谷川初範)と結婚しようかな、という雰囲気。そろそろ泡姫稼業から足を洗おうというときに日夏が客として現れる。
ここで道子逆上、逃げる日夏を追い再びランニングバトル。ついに日夏に追い付き…追い越してどうする!(;゚д゚)
「勝った、あたしは勝った!」って、…あの、ありがちなスポーツドラマです。
そして道子は日夏を包丁で刺し、シロの仇をとる。そのころ長尾はスペースシャトルで宇宙へ行き、琵琶湖上空で船外活動。ここで例の笛を取り出し、静止軌道上へ設置。
「この笛は、たとえ琵琶湖の水が枯れ幻の湖となってもこの場所を回り続ける」
みたいな独白が入り、終劇。
われわれはこの2時間40分以上、何を見てきたのか…。この、ある意味ものすごいカタルシスは体験してみてほしいもんです。
DVD買って損したとはわたし思ってません。

考えてみると橋本忍、田宮二郎の自殺の遠因になったとも言われる「イエロー・ドッグ」(日本公開77年)の脚本を書いてるけど、このあたりから微妙に壊れ始めていたのかも。大ハズレのこの映画の制作費は主演の田宮二郎がかなり自分で製作費を負担していたそうで、営業やって取り返したけどかなり神経的にまいってしまったそうな。当時、いきなり「8時だョ!全員集合!」のコントにも出てたもん。それでも遺作のTVシリーズ「白い巨塔」は面白い。
この頃の松竹系の洋画は、今となっては権利関係が面倒なのが結構あるようで簡単にはDVD化されてない気がする。「ピンクパンサー2」なんかは、先日発売されたDVDボックスからこぼれたけど、配給は日本では松竹だった。
松竹系洋画として公開された「イエロー・ドッグ」もソフト化は難しいかなぁ。
権利者が誰なのかわからないし。でも見てみたい。

「幻の湖」で思い切りケチのついた橋本忍はこの後「愛の陽炎」と「旅路 村でいちばんの首吊りの木」の二本の脚本を最後に、今に至るまで音なし。
こないだ野村芳太郎が亡くなったとき短い追悼コラムをひとつ書いていたからまだ健在だというのはわかったけど、なんで急にデムパ野郎になった?
あと3年で橋本先生90歳の卆寿を迎えられます。
この映画の偉大さは、ネットで「宇宙パルサー」で検索するとこの映画ばかりひっかかるあたりに感じてしまいます。
「幻の湖」うーん、個人的には楽しい映画だった。マンダム。

|

« お疲れ様、について考える | Main | ただのすけべのおはなし »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 幻の湖 :

« お疲れ様、について考える | Main | ただのすけべのおはなし »