« 007は二度死ぬ…のか? | Main | お呼び出し »

April 08, 2005

パート2

007は二度死ぬのつづき

 ブロフェルドの役は、もともとヤン・ウェーリッヒという方が演じてたそうです。
チェコの俳優さんだそうな。松岡きっこは、リトルネリーが飛んでいるのを
見つけて「何か飛んでる」と上を見上げる海女さん3人の一人で、ワンカット
だけ写ってた。
 タイトルのデザイナーはモーリス・ビンダー。とてもセンスいい。
 ちょっとおかしな描写は、たとえば大里化学の本社がニューオータニだったり、
細い路地を抜けたらいきなり蔵前国技館だったり(横綱佐田の山が出演。
支度部屋でボンドにチケットを渡してます)丹波哲郎演ずるタイガー田中が
使う交通手段が特製の地下鉄丸の内線だったり、田中の部下が忍者の訓練
してるのが姫路城だったり(国宝。城壁に手裏剣で傷をつけたってんで問題に
なった)船の名前がNING-PO=忍法だったり、日本人に変装するボンドが
「日本語はケンブリッジで勉強した」とか言ってるくせに肝心の日本語はさっぱり
話さず「オハヨゴザイマス」くらい。
 神戸港でボンドに襲い掛かる人々の中に、松崎真がいます。笑える。
実際には海女さん役の女優はあまり泳ぎが得意でなかったそうで、このロケに
同行してたショーン・コネリーの奥さん(当時)のダイアン・シレントがそのまま
「泳ぎが得意だ」
てんでスタンドインで泳いでるそうな。伝令しに海を泳ぐ浜美枝の代役もしている。

ダイアン・シレントなんて、通好みの女優さんだよな。出演作「ウィッカーマン」
はぜひ見たいです。
浜美枝というと、もともと東宝の専属女優だから東宝の喜劇映画・特撮映画に
よく出てます。なんだけど、海外作品にもなぜか縁が深く、ウディ・アレンが
吹き替え版を作った映画「国際秘密警察 鍵の鍵」(共演が若林映子なんだよ)が
きっかけなのか、ゴダールも彼女を使いたがった。結局実現はしなかった。
ウディ・アレンがこさえたのはWhat’s up, tiger lily?というタイトルのもので、
再編集してるからある意味別物。彼にとって「なかったこと」になってるらしい。
ウディ・アレンはこの「二度死ぬ」の対抗馬だった「カジノ・ロワイヤル」にしっかり
出演しているのも不思議なつながり。若林映子も、ウルトラQとか出てるもんなぁ。
以前、たまたまWOWOW見たら「二度死ぬ」やってたの見たうちの奥さん、
浜美枝を「かわいい!」と絶賛。「100発100中」見たいなぁ。
007の次回作は「カジノ・ロワイヤル」。現在、監督・主演ともに未定。
これじゃ、ブログにならんですな。調べればいろいろ、一本の映画もいろいろと
つながるもんです。
それにしても、キリがない…。自分もカキコで二度くたびれた。

|

« 007は二度死ぬ…のか? | Main | お呼び出し »

Comments

こんにちわ★
あなたのサイトをランキングに参加しませんか?
ランキングに参加すると見てくれる人が今以上に増えますのでお得です(^^)/
ではこれからも頑張って下さい☆

Posted by: 人気BLOGランキング | April 08, 2005 05:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference パート2:

« 007は二度死ぬ…のか? | Main | お呼び出し »