« 人間の創造力の偉大さを知る | Main | ずぼらすぎ »

October 18, 2004

占いを、見る

 
 昨日コドモが文房具屋に行きたいと言い出し、ごろごろしてるのも
何なので出かけてみました。時期的に、もう来年のカレンダーとか
並んでますね。
そして、案の定「高島開運暦」なんかもあった。これ、カレンダーというより
占いの本なんだよなぁ、と思いつつろくでもなかった今年をかんがみて、
来年はどういう年なのかなぁと思いつつ読んでみる。

 九紫火星は…八方塞がりじゃないか。
年齢的に、来年は本厄だし。…今だってぜんぜんよくないのに
さらに良くないのか?と、思い直すと自分の現状は、実はそう 
捨てたもんじゃないのかなぁ、なんて考えてしまった。
細木数子なんかに占ってもらったら、いったいどんな罵りを
されるのだろうか。

 今がどれくらい良くないかと言うと、収入が少ないのだ。
これにつきるのです。貧すれば鈍するとは、よく言ったものです。
なぜ少ないかは、それなりの理由がありますが、このご時勢だもの。
誰か、何かいい仕事紹介してくれないかなぁ。なんて
ネット上で言うと、怪しげな仕事を紹介する人が出てくるかも。
はぁ…とため息ひとつ。

|

« 人間の創造力の偉大さを知る | Main | ずぼらすぎ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55867/1708529

Listed below are links to weblogs that reference 占いを、見る:

« 人間の創造力の偉大さを知る | Main | ずぼらすぎ »