« 電池を、買う | Main | 人間の創造力の偉大さを知る »

October 09, 2004

感動をありがとう!…ねぇ

 違和感があるなぁ、と思ってた表現が、これ。
アテネオリンピックの中継でも聞いたような気がするし、
何かほかのスポーツ大会なんかでも聞いたような」、気がする。
 っても、おれは感動はしとらんぞ? とこの言葉を聞くたびに、
思ってましたが先日コドモが小学校からもらってきた学級通信の
プリントに、コドモの心の発達について書いてある一文

 「興奮を感動と勘違いしている」

そういうことだったか、と違和感の原因がわかったような気がした。

 そうだ、おれはワールドカップサッカーとか、ランディ・ジョンソンが
投げてたワールドシリーズとか見てて、確かに興奮しておったぞ。
昔のF1で、レイトンハウスのイワン・カペリが逃げに逃げ、あと少し
というとこでプロストのフェラーリに追いつかれ優勝を逃がしたのとか
いろいろ思い出しました。興奮したのは。でも、そういうので
感動は、してなかった。スポーツで感動したのはロス五輪の女子
マラソンのアンデルセンとかが、あるけど。
一生懸命戦っている、アスリートの周りには感動させるみたいな
空気はあるかもしれませんが、実際にその人たちが勝利の
ために必死に戦っているのを見て、興奮するのがやはり
正しいと思います。

 結局マスコミも、ボキャ貧ということなのかと思いました。

|

« 電池を、買う | Main | 人間の創造力の偉大さを知る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55867/1629818

Listed below are links to weblogs that reference 感動をありがとう!…ねぇ:

« 電池を、買う | Main | 人間の創造力の偉大さを知る »